サンズのクリス・ポールが直近3シーズンで自己最多の37得点を記録「一丸となればできることを証明した」

日本時間6月14日(現地13日)、フェニックス・サンズとデンバー・ナゲッツによるウェスタン・カンファレンス準決勝第4戦が行われ、アウェイのサンズが125-118で勝利した。シリーズ4勝目を飾ったサンズは、カンファレンス決勝進出が決まった。 サンズはクリス・ポールが直近3シーズンで自己最多となる37得点、7アシストを記録。試合後のインタビューでは、「家族、そしてチームに感謝したい。2年前自分はもう終わりだと思われていた。でもこの勝利は自分のものではない。“僕ら”のものだ。チームとして一丸となればできることを証明した。僕らは素晴らしいチームだ。その一部分になれて楽しいよ」と、自身3シーズンぶり2度目のカンファレンス決勝進出を喜んだ。 サンズはポールの他に、デビン・ブッカーが34得点、11リバウンド、ミカル・ブリッジズが14得点、6リバウンド、ディアンドレ・エイトンが12得点、7リバウンドを記録している。なお、『ESPN Stats & Info』によれば、10シーズン連続プレイオフ不参加だったチームが、その直後のシーズンでカンファレンス決勝に進むのはNBA史上初めてのことだという。 一方、敗れたナゲッツは大黒柱のニコラ・ヨキッチが、第3クォーター途中で退場となったのが痛手となった。8点差を追いかけていた同クォーター残り3分52秒の場面、直前に自身が放ったシュートに対してファウルがコールされなかったヨキッチは、苛立ちからサンズのキャメロン・ペインが持っていたボールを無理やりスティールを狙う。しかし、大きく振りかぶった右手は、ペインの顔に当たってしまい結果的にフレグラント2を吹かれて一発退場となった。ヨキッチ不在のナゲッツはウィル・バートンらが奮闘し、第4クォーター途中に4点差まで詰め寄るも、それ以上近づくことはできなかった。 退場前にペインに謝罪をしたヨキッチだったが、「正直言うと退場するとは思っていなかった」と試合後に本音を明かした。 ナゲッツはバートンが25得点、5リバウンド、ヨキッチが22得点、11リバウンド、マイケル・ポーターJr.が20得点、3スティール、モンテ・モリスが19得点、6アシスト、ファクンド・カンパッソが14得点をマーク。しかし、シリーズ平均121.5失点とサンズのオフェンスを抑えられず、カンファレンス準決勝で敗退となった。 サンズは、現在もう一方のウェスタン・カンファレンス準決勝を戦うユタ・ジャズとロサンゼルス・クリッパーズの勝者とカンファレンス決勝で対戦する。

サンズ対ナゲッツ:第4戦ハイライト

ネッツのカイリー・アービングがバックス戦との第4戦で右足首を負傷 骨に異常はなし

ジャズのドノバン・ミッチェル、第3戦で足首痛めるも次戦出場へ「準備はできている」

■頂点に立つのはどのチームか。「NBA Rakuten」でプレイオフを見届けよう!

関連タグ

チーム

  • ナゲッツ
  • サンズ

選手

  • Chris Paul

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAプレイオフ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. サンズのクリス・ポールが直近3シーズンで自己最多の37得点を記録「一丸となればできることを証明した」