パスカル・シアカム、左肩関節唇の再建手術成功 全治5カ月で新シーズン開幕に出遅れか

渡邊雄太も所属するトロント・ラプターズは日本時間6月12日(現地11日)、パスカル・シアカムが先週に左肩関節唇の再建手術を受け、成功したことを発表した。 NBA5年目のシアカムは今季、レギュラーシーズン56試合に出場して平均35.8分間プレイし、21.4得点、7.2リバウンド、4.5アシスト、1.1スティールを記録。5月7日(同6日)のワシントン・ウィザーズ戦でキャリアハイの44得点(フィールドゴール17/28、3ポイント2/6、フリースロー8/11)を挙げたが、直後の5月9日(同8日)に行われたメンフィス・グリズリーズ戦で左肩を負傷し、その後は出場がなかった。 ラプターズによれば、手術の執刀はロサンゼルスにあるカーラン・ジョーブ整形外科病院のニール・エラトロッシュ医師が担当。同氏はMLBロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平のトミー・ジョン手術を行うなど、肩と膝の世界的名医として知られている。 シアカムはリハビリと回復に約5カ月を要する見込み。NBAは来たる新シーズン、10月20日(同19日)開幕を目指しているとされ、シーズンには出遅れを余儀なくされることになりそうだ。

シリーズ初勝利のバックス、ネッツ“封殺”にドリュー・ホリデーが手ごたえ「こういうディフェンスをしたい」

NBAが2021-22シーズンを10月開幕で調整か ファイナルは6月と年間を通して通常スケジュールに戻す予定

「試合を諦めた」ナゲッツ指揮官が第2戦で大敗したチームを叱責

■頂点に立つのはどのチームか。「NBA Rakuten」でプレイオフを見届けよう!

関連タグ

チーム

  • ラプターズ

選手

  • Pascal Siakam

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. パスカル・シアカム、左肩関節唇の再建手術成功 全治5カ月で新シーズン開幕に出遅れか