ジャズのルディ・ゴベアが2020-21シーズンの最優秀守備選手賞に輝く 3度の受賞はリーグ史上4人目の快挙

日本時間6月10日(現地9日)、NBAは2020-21シーズンの最優秀守備選手賞にユタ・ジャズのルディ・ゴベアを選出したと発表した。ゴベアが同賞に輝くのは、2017-18シーズン、2018-19シーズンに続いて3度目。ディケンベ・ムトンボ(元アトランタ・ホークスほか/4度)、ベン・ウォーレス(元デトロイト・ピストンズほか/3度)、ドワイト・ハワード(フィラデルフィア・76ers/3度)に次いで、3度受賞したリーグ史上4人目の選手となった。 ゴベアは84の1位票を集めるなどトータル464ポイントを獲得。2位はベン・シモンズ(フィラデルフィア・76ers)で287ポイント、3位は2016-17シーズンの受賞者ドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)で76ポイントだった。 キャリア8シーズン目のゴベアは、ディフェンシブ・リバウンドの平均(10.1)と総数(720)、ブロック数(190)でリーグトップ、平均ブロック(2.70)で同2位にランクイン。さらに、6試合で15本以上のディフェンシブ・リバウンド、8試合で5本以上のブロックをマークするなど、ペイントエリアで存在感を発揮した。3月15日(同14日)のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦ではシーズンハイとなる20本のディフェンシブ・リバウンド、3月23日(同22日)のシカゴ・ブルズ戦ではキャリアハイとなる9本のブロックを記録している。 さらに、ディフェンスが勝利に与えた影響を示す「ディフェンシブ・ウィン・シェアーズ」という指標と、リング近辺のフィールドゴールを封じた数(549)もリーグトップだった。そうしたゴベアの奮闘もあり、ジャズはリーグ2位の被FG成功率(44.7%)と同3位のディフェンシブ・レーティング(107.5)を記録。52勝20敗とリーグトップの勝利数を残した。 ゴベアは今季71試合に出場して、平均14.3点、13.5リバウンドを記録。FG成功率67.5%はリーグトップだった。キャリア通算では545試合に出場し、平均12.0点、11.3リバウンド、2.24ブロックを記録。なお、過去4シーズン連続でオールディフェンシブ1stチームに選出されている。 投票結果は以下の通り。1位票が5ポイント、2位票が3ポイント、3位票が1ポイント与えられる仕組みとなっている。※チーム名以降は、1位票~3位票の投票数を示す。 1.ルディ・ゴベア(ジャズ/84/14/2/464ポイント) 2.ベン・シモンズ(76ers/15/67/11/287ポイント) 3.ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ/0/13/37/76ポイント) 4.バム・アデバヨ(ヒート/1/3/17/31ポイント) 5.ヤニス・アデトクンボ(バックス/0/0/12/12ポイント) 6.クリント・カペラ(ホークス/0/1/7/10ポイント) 7.ジョエル・エンビード(76ers/0/2/1/7ポイント) 8.ドリュー・ホリデー(バックス/0/0/6/6ポイント) 9.マイルズ・ターナー(ペイサーズ/0/0/3/3ポイント) 10.ジミー・バトラー(ヒート/0/0/2/2ポイント) 11.ケンテイビアス・コルドウェル ポープ(レイカーズ/0/0/1/1ポイント) ―.マティース・サイブル(76ers/0/0/1/1ポイント)

NBAプレイオフ2021 大予想大会【第13問:サンズ対ナゲッツ、カンファレンス準決勝を勝ち上がるのはどっち?】

レイカーズのレブロン・ジェームズが来季から背番号を23番から6番へ変更 アンソニー・デイビスは3番のままか

ネッツのジェームズ・ハーデンがバックスとの第3戦も欠場へ ホークスのディアンドレ・ハンターは右ひざ半月板断裂でシーズン終了

■頂点に立つのはどのチームか。「NBA Rakuten」でプレイオフを見届けよう!

関連タグ

チーム

  • ジャズ

選手

  • Rudy Gobert

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジャズのルディ・ゴベアが2020-21シーズンの最優秀守備選手賞に輝く 3度の受賞はリーグ史上4人目の快挙