76ersのバスケットボール運営部門代表ダリル・モーリーに7万5000ドルの罰金 ステフィン・カリーに対するタンパリングの疑い

日本時間6月8日(現地7日)、NBAはフィラデルフィア・76ersのバスケットボール運営部門代表であるダリル・モーリーがタンパリング(不正交渉)に関するルールに違反したとして、7万5000ドルの罰金を科したと発表した。 4日(同3日)にゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが弟で76ersに所属するセスの写真をインスタグラムに投稿した際、その画面をモーリーがスクリーンショットした上で、「一緒にどうだい?」と自身のツイッターに投稿。その後、「私が話題にしているのはみんなも興奮していること、セスが76ersにいるってことだ。それ以外は何もない」と弁明していたが、最初のツイートがステフィンを勧誘していると判断された。 その日セスはワシントン・ウィザーズを相手にプレイオフ自己最多の30点を挙げてシリーズ突破を決めており、ステフィンは弟を称える投稿をしていた。

NBAプレイオフ2021 大予想大会【第13問:サンズ対ナゲッツ、カンファレンス準決勝を勝ち上がるのはどっち?】

「目標はコアグループの維持」と語るレイカーズのペリンカGM ドラモンドの去就についても言及

ニックスのトム・シボドーHCが2020-21シーズンの最優秀ヘッドコーチ賞に輝く

■頂点に立つのはどのチームか。「NBA Rakuten」でプレイオフを見届けよう!

関連タグ

チーム

  • 76ers

キーワード

  • ニュース全般
  • ダリル・モーリー
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 76ersのバスケットボール運営部門代表ダリル・モーリーに7万5000ドルの罰金 ステフィン・カリーに対するタンパリングの疑い