セルティックス、オフの課題はケンバ ・ウォーカーの放出?

ボストン・セルティックスは先日ダニー・エインジが球団社長から退任し、それまでヘッドコーチとしてチームを率いたブラッド・スティーブンスがその後任となった。今オフシーズンからスティーブンスがロスターを構築していくことになるが、その一手としてケンバ ・ウォーカーの放出が囁かれている。 地元メディア『MassLive』のブライアン・ロブ記者は、サラリーキャップに余裕をもたらすため、金銭的な負担の大きいウォーカーをトレードで出すことが検討されるだろうと主張した。 「リーグ関係者は、セルティックスが現在と将来的なサラリーに柔軟性をもたらすべく、ケンバ ・ウォーカーのトレードを模索するだろうと予想している。もしエバン・フォーニエとの再契約を望んでいるなら、現時点で贅沢勢はチーム史上最高額になる予定だ」 2019年のオフに加入したウォーカーは、セルティックス2年目の今季は直近6シーズンで最低の平均19.3得点、4.0リバウンド、4.9アシストを記録。怪我に苦しみレギュラーシーズンは43試合の出場に留まり、プレイオフでも5試合中2試合を欠場した。現行契約は2年残っており、来季は約3600万ドル、2022-23シーズンはプレイヤーオプションを行使すれば約3770万ドルを受け取ることになる。 ロブ記者はウォーカー以外にもマーカス・スマートをトレード候補として挙げている。しかし、「スマートは優良なトレードの駒だが、彼との契約は1年しか残っておらず、その市場価値は限定的だ。情報筋によれば、セルティックスが望まれない契約を引き取らない限り、ドラフト1巡目の下位指名権を得ることも難しいと見られている」と、見返りの少なさを指摘した。 巨額の贅沢税を避けるべく、ウォーカー、フォーニエ、スマートのいずれかかがチームを離れること予想されるセルティックス。果たしてスティーブンス新球団社長は、どのようなチームを組み立てるのか。その手腕が問われる。

去就が注目されるウィザーズのスコット・ブルックスHC、本人は残留を希望

ニックスに引導を渡したホークスのトレイ・ヤング、最後はお辞儀で挨拶「ショーが終わったときにやるべきこと」

サンズのクリス・ポールがプレイヤーオプションを破棄して新契約を結び直すか

■頂点に立つのはどのチームか。「NBA Rakuten」でプレイオフを見届けよう!

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Marcus Smart
  • Evan Fournier
  • Kemba Walker

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックス、オフの課題はケンバ ・ウォーカーの放出?