キャバリアーズのコリン・セクストンは放出候補? 現地記者がトレードの可能性について報道

クリーブランド・キャバリアーズは、今季22勝50敗(イースト13位)と低迷し、3年連続でプレイオフし進出を逃した。そんななかシーズン終了後のオフシーズンに、エースのコリン・セクストンがトレードされる可能性があるという。 地元メディア『Cleveland Plain Dealer』のテリー・プルート記者は、キャバリアーズが迎えるオフシーズンで直面する金銭的な問題について以下のように報じている。 「コービー・アルトマンGM(ゼネラルマネージャー)の課題は、サラリーキャップを崩壊させずにセクストンとジャレット・アレンにどうやって支払いをするか。私は、常に全力で、得点力の高いセクストンのファンだ。ドラフト8位指名で平均24得点取れる選手は、過去10年でほぼいないだろう。ただ、彼がマックス契約を臨むことが予想されるなか、キャバリアーズはそれに応じるべきではない」 22歳のセクストンは、3年目の今季60試合で平均24.3得点、3.1リバウンド、4.4アシスト、3ポイント成功率37.1%を記録。来季限りでルーキー契約が切れ、今夏のオフシーズンでチームと契約延長を結ぶことができる。 身長185cmとサイズはないが、リーグ屈指の得点力を誇るセクストン。しかし、ボール所有率の高いそのプレイスタイルに、チームメイトは不満を示しているとの噂も浮上している。そんななか、プルート記者は、今夏は制限付きフリーエージェントになるビッグマンのアレンとの契約を優先するべきとの見解を示した。 「2人のNBA関係者はセクストンのトレードを薦めている。ポイントとしては、アレンとだけ1億ドル相当の契約を結ぶべきだということ。ケビン・ラブの契約があるため、アレンとセクストンの2人と契約すればサラリーキャップが破綻する」 キャバリアーズでは、今季セクストンとバックコートを組んだ2年目のダリアス・ガーランドも、平均17.4得点、6.1アシストと大きく成長。また、ルーキーのアイザック・オコロも随所でポテンシャルの高さを披露するなど、ガードをプレイできるタレントは豊富だ。 上位指名権獲得の可能性が高い今年のドラフトを含め、果たしてフロントはどのような決断を下すのだろうか。

第4戦欠場予定だったサンズのクリス・ポール、指揮官が出場判断の経緯を明かす「選手を信じる時」

レイカーズのアンソニー・デイビスが左鼠径部を痛めて途中退場 レブロン・ジェームズは他の選手の台頭に期待

ホークス、1回戦突破に王手もエースのトレイ・ヤングに油断はなし「最後の1勝が最もタフ」

■頂点に立つのはどのチームか。「NBA Rakuten」でプレイオフを見届けよう!

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

選手

  • Collin Sexton

キーワード

  • 移籍・トレード
  • トレード
  • 契約延長
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キャバリアーズのコリン・セクストンは放出候補? 現地記者がトレードの可能性について報道