ホークス傘下のGリーグ・チームの名称が『スカイホークス』に決定

アトランタ・ホークス傘下の新たなGリーグ・チームの名称が『スカイホークス』に決定した。 現地2月20日に発表されたチーム名は、2013-14シーズンをもって引退したホークスのかつてのマスコット『スカイホーク』を思い起こさせる名前だった。ちなみに、ホークスがあるジョージア州のウェストポイントにあるポイント大もスカイホークスという名称を使っている。 カレッジパーク・スカイホークスは、2019-20シーズンからGリーグに新規参入する。Gリーグ(旧Dリーグ)は2001年に8チームのみで始まったが、徐々にチーム数を増やして、来シーズンは全28チームになる予定だ。ホークスは、傘下にGリーグ・チームを持つ25番目のNBAチームとなる。 スカイホークスは、今年11月に3500人収容(バスケットボール競技使用時)のゲートウェイ・センターで初陣を飾る。

関連タグ

チーム

  • ホークス

キーワード

  • ニュース全般
  • Gリーグ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ホークス傘下のGリーグ・チームの名称が『スカイホークス』に決定