ステフィン・カリー、東京五輪のチームUSA入りに関して明言を回避「最終的に正しい決断を下したい」

ゴールデンステイト・ウォリアーズは、日本時間5月22日(現地21日)に行われたメンフィス・グリズリーズとのプレイイン・トーナメントに延長戦の末に敗れ、2020-21シーズンが幕を閉じた。エースのステフィン・カリーは、今夏に予定されている東京五輪参加に関して明言を避けた。 今季平均32.0得点で自身2度目の得点王に輝いたカリーだが、チームはウェスタン・カンファレンス8位でプレイイン・トーナメントに参加するも、ロサンゼルス・レイカーズ(同7位)、メンフィス・グリズリーズ(同9位)と立て続けに敗れ、2年連続でプレイオフ進出は果たせなかった。 カリーは、今年3月に発表された東京五輪に向けたチームUSA(男子アメリカ代表)のファイナリスト57名にウォリアーズからドレイモンド・グリーンとともに選出されているが、参加に関しては明言を避けたという。『NBC Sports Bay Area』のアレックス・ディディオン記者が、カリーのコメントを伝えている。 「シーズンをできるだけ長く続けられることにフォーカスしてきた。様々なことが関与してくることなのは分かっている。チームUSAがどうなるか分からないから、できるだけ多くの情報を集め、最終的に正しい決断を下したい」 2010年、14年にワールドカップで金メダルを獲得した経験を持つカリーは、リオ五輪が行われた2016年は代表を辞退したため、チームUSAの一員として五輪に出場した経験はない。代表合宿がいつ始まるか最新情報はない段階だが、来シーズンは通常通りの開幕を希望しているNBA側の動向も今後の決断には関係してくるかもしれない。

ウォリアーズ vs レイカーズ:ハイライト

NBAプレイオフ2021 大予想大会【第6問:ニックス対ホークス、1回戦を勝ち上がるのはどっち?】

屋外のイベント参加でプロトコル違反判定のレブロン・ジェームズ、出場停止処分の可能性は米記者否定

■2020-21シーズンはいよいよ最終盤。「NBA Rakuten」で激戦を見届けよう!

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Stephen Curry

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ステフィン・カリー、東京五輪のチームUSA入りに関して明言を回避「最終的に正しい決断を下したい」