セルティックスのジェイレン・ブラウンが左手首の手術で残り試合を欠場

日本時間5月11日(現地10日)、ボストン・セルティックスはフォワードのジェイレン・ブラウンが先週末に左手首の舟状月状骨靱帯断裂と診断され、故障個所を今週中に手術するため今季残り試合を欠場すると発表した。必要に応じてアップデートが報告される予定だ。 ブラウンは3日(同2日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦でチームメイトのジェイソン・テイタムと衝突した際に右足首を捻挫し、直近3試合を欠場していた。その間チームは2敗を喫している。10日(同9日)時点でイースト7位の35勝33敗、6位マイアミ・ヒートとのゲーム差は2.0のため、ブラウンの離脱でセルティックスはプレイイン・トーナメント行きの可能性がより高くなってしまった。 ブラウンが手首を痛めたのは4月28日(同27日)、115-119で敗れたオクラホマシティ・サンダー戦で、その際は「大丈夫」と答えていた。なお、その試合でブラウンは39点、11リバウンド、4スティールを記録している。今季全体では58試合に出場し、平均24.7点、6.0リバウンド、3.4アシストをマーク。得点とアシストはキャリアハイだった。

ニックスのデリック・ローズがクリッパーズ戦で25点、8アシスト ベンチ起用が続くも「勝っていればどうでもいい」

ウィザーズのブラッドリー・ビールが左太腿裏を痛めて日本時間11日のホークス戦を欠場 現地記者はさらなる欠場も示唆

ペリカンズのバスケットボール事業担当副会長を務めるデイビッド・グリフィンが5万ドルの罰金処分に

■2020-21シーズンはいよいよ最終盤。「NBA Rakuten」で激戦を見届けよう!

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Jaylen Brown

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックスのジェイレン・ブラウンが左手首の手術で残り試合を欠場