ニックスが欧州屈指のポイントガードを獲得か ルカ・ビルドーサとの契約合意が報道

ニューヨーク・ニックスが、新戦力の獲得に成功したようだ。日本時間5月6日(現地5日)、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、スペインリーグのバスコニアに所属していたアルゼンチン人のルカ・ビルドーサとニックスが契約合意に至ったと報じた。 報道によれば、ビルドーサは移民申請が通った後、ニューヨークへ飛び立つという。また、今シーズン中に合流するかどうかは、未定であると伝えている。 欧州屈指のプレイメイカーと評されている25歳のビルドーサは、2019-20シーズンにはバスコニアを10年ぶりの国内リーグ優勝に導き、ファイナルMVPを受賞。2014年からはアルゼンチン代表にも選出されており、2019年のFIBAワールドカップでは同国の銀メダル獲得に貢献した。

ウィザーズの八村塁が日本時間5月6日のバックス戦を欠場 指揮官は翌日のラプターズ戦の欠場も示唆

ネッツとカイリー・アービングがそれぞれ3万5000ドルの罰金処分に

グリズリーズのジャ・モラント、自身がポイントガードでリーグ5指に入ると豪語「間違いない」

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ニックス

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ニックスが欧州屈指のポイントガードを獲得か ルカ・ビルドーサとの契約合意が報道