【4/29(木)午前8時30分 レイカーズ対ウィザーズ】八村塁とアンソニー・デイビスの直接対決に期待

日本時間4月29日(現地28日)、キャピタル・ワン・アリーナでウェスト5位のロサンゼルス・レイカーズ(36勝25敗)と、イースト10位のワシントン・ウィザーズ(27勝34敗)が対戦する。両軍が対戦するのは今季2度目。27日(同26日)のサンアントニオ・スパーズ戦ではオーバータイムの末に惜敗し、連勝が8でストップしたウィザーズにとって仕切り直しの一戦となる。 連勝こそ途切れたウィザーズだが、直近12試合で10勝とチームの状態は良好だ。それまでは高得点を挙げて勝利する印象が強かったが、その期間はレイティングが攻守ともにリーグのトップ10に入っており、バランスが取れた試合を展開できている。 好調のチームを牽引するのは、ブラッドリー・ビールとラッセル・ウェストブルックの2枚看板だ。ビールは直近9試合で30得点超えが8回と抜群の安定感を誇り、ウェストブルックはオールスター以降、27試合中19試合でトリプルダブル達成と、トリプルダブルが日常化する超人ぶりを披露している。躍動するバックコートコンビは、リーグNo.1のディフェンシブ・レイティングを誇るレイカーズにとっても脅威だろう。 レブロン・ジェームズが右足首の捻挫で離脱中の今、レイカーズで最も注意すべき存在はアンソニー・デイビスだ。アキレス腱とふくらはぎの怪我で2月から約2か月戦列を離れていたデイビスだが、復帰3戦目となった27日(同26日)のオーランド・マジック戦では18得点(FG 8/15)、8リバウンド、3アシスト、2ブロックと活躍し、本来の調子に徐々に戻りつつあることをアピールした。 ウィザーズは八村塁が、デイビスにマッチアップすることが濃厚。先のスパーズ戦で5試合ぶりに怪我からの復帰を果たしたばかりだが、重要なタスクを担うことになる。リーグ最高峰のビッグマンに対し、守備の万能性が高く評価される八村がどのように対処するのか、期待を持って注目したい。全米放送となる一戦で、チームを勝利に導く活躍ができれば、その評価はさらに高まるはずだ。

ウィザーズのブラッドリー・ビールが同僚ウェストブルックの影響力を称賛「仲間が第一で、勝利だけを求めている」

無限のシュートレンジを誇るウォリアーズのステフィン・カリー、30フィート以上の3ポイント成功率も4割超え

ラプターズの渡邊雄太がネッツ戦に途中出場 3ポイント2本を含む8点をマーク

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ
  • レイカーズ

選手

  • Anthony Davis
  • 八村 塁

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【4/29(木)午前8時30分 レイカーズ対ウィザーズ】八村塁とアンソニー・デイビスの直接対決に期待