ウォリアーズの新人ジェームズ・ワイズマンの手術が成功 今季残り試合は欠場

日本時間4月16日(現地15日)、ゴールデンステイト・ウォリアーズはルーキーのジェームズ・ワイズマンが断裂した右膝半月板を修復する手術を受け、成功したと発表した。ワイズマンは今季残り試合を欠場するが、すぐにリハビリをスタートし、2021-22シーズンには復帰できる予定。回復具合については9月に報告されるとのこと。 ワイズマンは11日(同10日)に行なわれたヒューストン・ロケッツ戦の第2クォーター序盤、ダンクに向かった際にケニオン・マーティンJr.のブロックを受けて着地時にバランスを崩し、同箇所を痛めていた。翌日のMRIで負傷が発覚している。 2020年のドラフト1巡目全体2位でウォリアーズに指名されたワイズマンは、欠場まで39試合に出場し(27試合で先発)、平均21.4分プレイしてルーキー中5位の11.5点、同3位の5.8リバウンド、0.7アシスト、同5位の0.9ブロック、同4位のFG成功率51.9%を記録。2月には左手首を負傷して約3週間欠場している。

【4月17日(土)午前8時:ペリカンズ対ウィザーズ】NBA入り前年にあった、ザイオン・ウィリアムソンと八村塁の初顔合わせ

ネッツのラマーカス・オルドリッジがツイッターで現役引退を表明

ウィザーズの八村塁がキングス戦で12点を記録 2桁得点は3試合ぶり

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • James Wiseman

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォリアーズの新人ジェームズ・ワイズマンの手術が成功 今季残り試合は欠場