ホーネッツのラメロ・ボール、長期離脱も新人王当確? NBAスカウトが見解「もう結果は出ている」

NBAのレギュラーシーズンは残り20試合前後と佳境を迎えるなか、個人タイトルの行方は注目ポイントの一つだ。新人王はシャーロット・ホーネッツのラメロ・ボールが有力視されていたが、3月に右手首骨折で長期離脱。それでも、『CBSスポーツ』のブラッド・ボットキン記者はボールが最も受賞にふさわしいと考えているようだ。 2020年のNBAドラフト1巡目全体3位でホーネッツに指名されたボールは、序盤戦こそサブ扱いだったが、シーズン途中にスターターに昇格。41試合に出場して平均15.9得点、5.9リバウンド、6.1アシスト、1.6スティール、3ポイント成功率37.5%を記録し、プレイオフ圏内(現在イースタン・カンファレンス4位/26勝24敗)につけるチームの原動力となってきた。オールスターブレイクまでに総得点、リバウンド、アシスト、スティールのすべてでルーキートップとなったのは、過去60年でボールだけ。オーナーのマイケル・ジョーダンも「彼は我々の期待を上回ってくれた」と称えたほどだった。 しかし、日本時間3月21日(現地20日)のロサンゼルス・クリッパーズ戦で右手首を痛め、その後の検査で骨折が判明。24日に手術を受け、4週間後に状態が再評価される予定となっている。 今季は5月16日(同15日)のワシントン・ウィザーズ戦までレギュラーシーズンがあるため、復帰も可能なスケジュールだが、ボットキン記者は戦列に戻らずとも、新人王はボールで当確と考えているようだ。 「ラメロ・ボールが右手首骨折で離脱したのは、今シーズンの不幸の一つだった。数週間で再検査を受ける予定で、まだ1か月以上残っているので終盤戦に戻ってくる可能性がある。しかし、おそらく彼のシーズンは終わっただろう」 ボットキン記者によれば、イースタン・カンファレンスのあるスカウトは、「私の見解では、もう結果は出ている。(ミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー)エドワーズが平均得点を含めてより良い成績で終わったとしても、ラメロはチームの勝利に影響を与えていた。それが一番の違いだ。ジェームズ・ボレーゴHC(ヘッドコーチ)は、ポストシーズン進出を狙うなかで彼をメンバーから外すことはできなかった」と語っているという。また、別のスカウトは「ラメロはとても早くチームメイトの信頼を勝ち取った」と評価している。 ドラフト全体1位指名のエドワーズは全52試合に出場して、平均17.8得点、4.4リバウンド、2.6アシストの成績を残しているが、ウルブズはリーグ最下位(13勝39敗)に沈んでいる。仮にボールの出場試合数がこのまま41試合で終わったとしても、チームへの貢献度では上回っていると言えそうだ。

2021/4/10 八村塁ハイライト(vs ウォリアーズ)

ウィザーズの八村塁がチーム最多の22得点 ラッセル・ウェストブルックは今季21回目のトリプルダブル

【NBA Style最新作】人気のネッツとリラックス、2つのコレクションを紹介!

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ホーネッツ

選手

  • Anthony Edwards
  • LaMelo Ball

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ホーネッツのラメロ・ボール、長期離脱も新人王当確? NBAスカウトが見解「もう結果は出ている」