クレイ・トンプソン父、ウォリアーズの巻き返しに期待 「プレイオフで脅威の存在になる」

ゴールデンステイト・ウォリアーズはエースのステフィン・カリーが尾骨の怪我で離脱し、日本時間3月26日(現地25日)のサクラメント・キングス戦で敗れて開幕5戦目以来の負け越し(22勝23敗)となった。それでも、選手や関係者は今後の巻き返しに自信を見せている。 今季は2枚看板のクレイ・トンプソンが右アキレス腱断裂でシーズン絶望となったなかでも、33歳のカリーがリーグ3位の平均29.0得点と攻撃を牽引してきた。所属2年目のアンドリュー・ウィギンズ、ケリー・ウーブレイJr.、新人ビッグマンのジェームズ・ワイズマンらが奮闘し、1月4日(同3日)以降は勝率5割をキープしてきたウォリアーズだが、尾骨を痛めたカリーの欠場により直近4試合は1勝3敗と失速気味だ。 ただ、リハビリを続けるトンプソンは、「チーム成績は僕らがどれだけ良いチームを示してはいないけど、ここから巻き返してプレイオフに行けると思う」と仲間を信頼。そして、『NBA.com』のスティーブ・アシュバーナー記者によれば、トンプソンの父親で、現在は解説者を務めるマイカル・トンプソンもウォリアーズを要警戒チームに挙げている 「もっと3ポイントが安定して、ドレイモンド(グリーン)が持ち味を発揮してチームのために全力を尽くすなら、彼らはプレイオフで脅威の存在になるだろう」 チームトップの平均8.4アシストを挙げ、守備のキーマンも担うグリーンは、「俺たちは一緒に走り出す準備はできている。プレイオフ1回戦で俺たちと戦いたがるチームはいないと思う」と強気な姿勢を崩さない。 カリー復帰とともにギアを上げ、プレイオフ圏内の8位入り(現在は1.5ゲーム差の10位)を目指したいところだ。

2020-21シーズン NBAトレードデッドラインまとめ

キャブズがアンドレ・ドラモンドのバイアウトに正式合意 ウェーバー後に完全FAへ

【2021春の最新作】「NBA Style」からマストハブの最新コレクションがドロップ

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Stephen Curry
  • Draymond Green
  • Klay Thompson
  • Andrew Wiggins
  • Kelly Oubre Jr.
  • James Wiseman

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クレイ・トンプソン父、ウォリアーズの巻き返しに期待 「プレイオフで脅威の存在になる」