キングスがマービン・バグリー三世の放出を検討か ピストンズとのトレードは相手が拒否と報道

サクラメント・キングスが、マービン・バグリー三世の放出を検討しているようだ。キングスはバグリー三世のトレードをデトロイト・ピストンズに持ちかけるも拒否されたと、『Yahoo Sports』のクリス・ヘインズ記者が報じている。 「キングスは2018年のドラフト全体2位指名であるバグリー三世をトレード候補にしているという。リーグ関係者の情報によれば、キングスはバグリー三世と、ピストンズ期待の新人であるサディック・ベイのトレードをオファーしたが、ピストンズに拒否されたようだ。キングスとバグリー三世が互いに別れる道を探っていることは、リーグ内では周知の事実となっている」 今季37試合で平均13.9得点、7.4リバウンド、フィールドゴール成功率50.2%をマークする3年目のバグリー三世。NBA入り以降は毎シーズン怪我に悩まされており、現在も左手の骨折で戦線を離れている。1月には実父がSNSを通して、キングスに息子を放出するよう求めていた。 昨年のドラフト1巡目19位で指名されたピストンズのベイは、ここまでの40試合で平均10.5得点、4.1リバウンド、3ポイント成功率38.6%を記録。日本時間2月16日(現地15日)に発表されたシーズン第8週の週間MVPに選出されるなど、1年目からチームの主軸として活躍を披露している。 キングスは3月22日(同21日)時点でウェスト13位(17勝25敗)と低迷。目標とする2006年以来のプレイオフ出場達成は厳しい状況にあるが、トレード期限までにロスター強化に動くのだろうか。

マジックのアーロン・ゴードンがトレードを要求と報道

ネッツのカイリー・アービングが家庭の事情で遠征3試合に帯同せず

バイアウトが濃厚なスパーズのラマーカス・オルドリッジ 移籍先はヒートが最有力か

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • キングス
  • ピストンズ

選手

  • マービン バグリー三世
  • Saddiq Bey

キーワード

  • 移籍・トレード
  • トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キングスがマービン・バグリー三世の放出を検討か ピストンズとのトレードは相手が拒否と報道