サンズのクリス・ポールが通算1万アシストを達成 史上6人目の快挙

日本時間3月22日(現地21日)、フェニックス・サンズのクリス・ポールが本拠地のフェニックス・サンズ・アリーナで行なわれたロサンゼルス・レイカーズ戦で、通算アシストが1万に到達した。1万の大台に到達したのは史上6人目の快挙である。 大台到達の瞬間は、第3クォーター残り7分9秒に訪れた。フリースローライン付近からディアンドレ・エイトンへのロブパスでアリウープをお膳立てし、この試合9本目のアシストを記録。この1本が記念すべき通算1万本目となった。なお、ポールは通算1万アシスト&2000スティールもクリアし、歴代ではジョン・ストックトン(元ユタ・ジャズ)とジェイソン・キッド(元ニュージャージー・ネッツほか)に次ぐ史上3人目の達成者となった。 試合は、1万アシストだけでなく11点、10リバウンド、13アシストとトリプルダブルを達成したポールの活躍もあり、111-94でサンズが快勝した。サンズはポールのほか、デビン・ブッカーが26点、9リバウンド、エイトンが26点、8リバウンドを記録。試合残り6分33秒には89-96と7点差に迫られたものの、そこから7連続得点で一気に逃げ切った。 敗れたレイカーズはデニス・シュルーダーがチームハイの22点、カイル・クーズマが13点、6リバウンド、6アシスト、モントレズ・ハレルが23点、10リバウンドをマークしたが、チーム全体でFG成功率41.2%、3ポイント成功率20.0%、フリースロー成功率67.9%と失速。右足首を負傷し欠場したレブロン・ジェームズの不在が大きく響いた。 直近21試合で17勝目を挙げ28勝13敗となったサンズは、24日(同23日)に敵地でマイアミ・ヒートと、2連敗で28勝15敗となったレイカーズは同日に敵地でニューオーリンズ・ペリカンズと対戦する。 ■歴代アシスト数ランキング 1位:ジョン・ストックトン(元ユタ・ジャズ/1万5806) 2位:ジェイソン・キッド(元ニュージャージー・ネッツほか/1万2091) 3位:スティーブ・ナッシュ(元フェニックス・サンズほか/1万335) 4位:マーク・ジャクソン(元インディアナ・ペイサーズほか/1万334) 5位:マジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ/1万141) 6位:クリス・ポール(フェニックス・サンズ/1万4)

レイカーズ VS サンズ:ハイライト

ホーネッツのラメロ・ボールが右手首を骨折 今季残り試合は絶望か

ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが20試合連続で20点以上&FG成功率50%以上を達成

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • レイカーズ
  • サンズ

選手

  • Chris Paul

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. サンズのクリス・ポールが通算1万アシストを達成 史上6人目の快挙