4戦連続2桁得点と好調なウィザーズの八村塁「攻守でアグレッシブにできている」

日本時間3月19日(現地18日)、ワシントン・ウィザーズは本拠地キャピタル・ワン・アリーナでユタ・ジャズと対戦し、131-122で勝利を飾った。この日ウィザーズの八村塁は、リーグ首位を走るジャズ相手に12得点、7リバウンドと攻守で奮闘。4試合連続となる2桁得点を記録した試合後のメディア取材で、好調ぶりを披露する最近のプレイなどについて語った。 ――首位チーム相手に見事な勝利でしたね。 出だしからいい形でできました。試合の前にチームのミーティングで話していたのが、「今日はオフェンスを忘れて、ディフェンスに集中しよう」ということで、そのメンタリティーが良かったんじゃないかなと思っています。いつも僕らは(相手)チームに追いつこうとしているところがあるので、今日は逆の立場で勝ち切れました。 ――今日はブラッドリー・ビール選手が43得点、ラッセル・ウェストブルック選手が35得点、15リバウンド、13アシストと、リーダー2人が素晴らしい活躍でした。 そうですね。彼らはチームをすごい引っ張ってくれますし、僕らは若い選手が多いのでコート外でも色々と教えてもらったりして、すごい助かっています。 ――第1クォーターにウェストブルック選手に掴まれて何か話していたように見えましたが、どんなアドバイスを受けていたんですか? 体をもっと使って強くいくときに、ボールをあまり見せないで高めに持ちながらシュートにいくというアドバイスをもらいました。彼はよくそういったアドバイスをしてくれるので、僕もすごく助かっています。 ――スコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)が八村選手のリバウンド力を絶賛していたのですが、ここ最近リバウンドがしっかり取れている要因はなんですか? 積極的にボックスアウトして、自分でリバウンドを取りに行くか、行かないかだと思うので、そこの意識が大事じゃないかなと思います。 ――今日は試合後半フル出場で、それはコーチたちからの信頼の表れだと思うんですが、どのように受け止めていますか? その通りだと思います。僕もどんどん攻守でアグレッシブにできていますし、そこが評価されているんじゃないかなと思っています。チームもそうですし、コーチ陣からも信頼されている証拠だと思うので、これからも続けていきたいなと思います。 ――4試合連続で36分以上プレイしていますが、この4試合で何か得たものはありますか? チームとしてのディフェンスはもちろんですけど、オフェンスではラッセル、ブラッドに続く3人目の選手が必要とされていて、僕がその1人になれると思うので、ディフェンスを含め積極的にやっていきたいなと思います。

ジャズ対ウィザーズ戦のハイライトを観る

バックコートの強化図るニックス、ロンゾ・ボール獲得を画策か

バイアウト候補を米記者がピックアップ 大型契約のドラモンド、オルドリッジはバイアウト濃厚か

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • 八村 塁

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 4戦連続2桁得点と好調なウィザーズの八村塁「攻守でアグレッシブにできている」