ウィザーズの八村塁がバックス戦で29得点を記録 キャリアハイ更新にあと2点届かず

ワシントン・ウィザーズは日本時間3月14日(現地13日)、本拠地キャピタルワン・アリーナで強豪ミルウォーキー・バックスと対戦し、119-125で敗れた。3連敗のウィザーズは今季成績を14勝23敗、バックスは3連勝で24勝14敗としている。 前日のフィラデルフィア・76ers戦で9得点だったウィザーズの八村塁は、ラッセル・ウェストブルックに次ぐチーム2位の38分20秒プレイし、29得点(フィールドゴール11/18、3ポイント3/5、フリースロー4/4)、11リバウンド、1アシスト、3スティールを記録。出場時の得失点差を示す+/-(プラスマイナス)は0だった。 試合はブラッドリー・ビールが休養、ダービス・ベルターンスが右ふくらはぎの張りで欠場したウィザーズが、バックス相手に健闘。一時は最大12点差をつけ、第3クォーターまでシーソーゲームを繰り広げたが、勝負の最終クォーターにヤニス・アデトクンボとドリュー・ホリデーのコンビを抑えきれず、2点ビハインドの残り25秒にはウェストブルックがレイアップを外して万事休すとなった。 ウィザーズは八村のほか、ウェストブルックがウィザーズ移籍後最多となる42得点、10リバウンド、12アシストとトリプルダブルを達成。アレックス・レンとハウル・ネトがそれぞれ10得点だった。 対するバックスはアデトクンボが33得点、11リバウンド、11アシスト、ホリデーが18得点、8リバウンド、クリス・ミドルトンが16得点をマークした。 両チームは16日(同15日)に再びウィザーズの本拠地で対戦する。

ピストンズ、“2019年ダンク王”のハミドゥ・ディアロを獲得 HCも期待「NBAで最もアスレティックなウイング」

ウィザーズ戦で負傷のジョエル・エンビード、左膝の骨挫傷により最低2週間は欠場

【3/15(月)午前5時 ジャズ対ウォリアーズ】進化を続けるステフィン・カリー、33歳の誕生日に首位ジャズと激突

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • 八村 塁

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウィザーズの八村塁がバックス戦で29得点を記録 キャリアハイ更新にあと2点届かず