NBAがシーズン前半戦のジャージー売り上げランキングを発表 1位はレイカーズのレブロン・ジェームズ

日本時間3月12日(現地11日)、NBAとNBA選手会は、シーズン前半戦で最も人気だったジャージーはレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)で、チームグッズの売り上げトップはレイカーズだったと発表した。これらの結果は、NBAストアの2020-21シーズン前半戦の売り上げに基づいている。 ジャージーの売り上げで2位だったのはルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)で、3位はケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)。ザイオン・ウィリアムソン(ニューオーリンズ・ペリカンズ)がトップ10、トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス)がトップ15にそれぞれ初めて入った。 また、3選手(デュラント、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデン)がジャージー売り上げで10位以内に入ったブルックリン・ネッツは、チームグッズ売り上げでフランチャイズ史上最高位の2位となった。 ■ジャージー売り上げトップ15 1位:レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ) 2位:ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス) 3位:ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ) 4位:ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ) 5位:ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス) 6位:カイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ) 7位:アンソニー・デイビス(ロサンゼルス・レイカーズ) 8位:ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス) 9位:ジェームズ・ハーデン(ブルックリン・ネッツ) 10位:ザイオン・ウィリアムソン(ニューオーリンズ・ペリカンズ) 11位:ジミー・バトラー(マイアミ・ヒート) 12位:デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ) 13位:カワイ・レナード(ロサンゼルス・クリッパーズ) 14位:トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス) 15位:ラッセル・ウェストブルック(ワシントン・ウィザーズ) ■チームグッズ売り上げトップ10 1位:ロサンゼルス・レイカーズ 2位:ブルックリン・ネッツ 3位:ゴールデンステイト・ウォリアーズ 4位:ボストン・セルティックス 5位:フィラデルフィア・76ers 6位:マイアミ・ヒート 7位:シカゴ・ブルズ 8位:ダラス・マーベリックス 9位:トロント・ラプターズ 10位:ミルウォーキー・バックス

NBA 2020-21シーズンの後半戦に向けて知っておくべき10のこと

アメリカ代表が東京オリンピックに向けた最終候補57名を発表 ザイオン・ウィリアムソンがリスト入り

ラマーカス・オルドリッジがスパーズを離れることに

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • LeBron James

キーワード

  • ニュース全般
  • グッズ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAがシーズン前半戦のジャージー売り上げランキングを発表 1位はレイカーズのレブロン・ジェームズ