3ポイントコンテストに歴代王者のステフィン・カリーとデビン・ブッカーが参戦 全出場者がオールスター選手となるのは史上初

日本時間3月3日(現地2日)、NBAは3月8日(同7日)に開催される『NBAオールスター2021』のイベントの一つである『2021 MTN DEW3ポイントコンテスト』の出場者を発表した。 出場するのは、過去大会で優勝しているステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)とデビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)、ジェイレン・ブラウン、ジェイソン・テイタム(ともにボストン・セルティックス)、ザック・ラビーン(シカゴ・ブルズ)、ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)の計6人。参加者全員がそのシーズンのオールスター選手となったのは、コンテスト史上初めてだという。 今回で35回目となる3ポイントコンテストは、2回戦に分けて行われる。昨年に続き、1本3得点として加算される『MTN DEWゾーン』を採用。3ポイントラインから6フィート(約1メートル83センチ)離れた場所に設置される『MTN DEWゾーン』は、トップ位置にあるシューティングラックの両サイドに配置される。これによりそれぞれのラウンドにおけるシュートの合計本数は27本、競技時間は70秒、そして最高スコアは40ポイントとなる。 なお、3ポイントコンテストはオールスター本戦の試合前に開催される。 3ポイントコンテスト、過去の優勝者は以下の通り。カッコ内は当時所属チーム。※1999年はロックアウトにより開催なし 1986年:ラリー・バード(ボストン・セルティックス) 1987年:ラリー・バード(ボストン・セルティックス) 1988年:ラリー・バード(ボストン・セルティックス) 1989年:デイル・エリス(シアトル・スーパーソニックス) 1990年:クレイグ・ホッジス(シカゴ・ブルズ) 1991年:クレイグ・ホッジス(シカゴ・ブルズ) 1992年:クレイグ・ホッジス(シカゴ・ブルズ) 1993年:マーク・プライス(クリーブランド・キャバリアーズ) 1994年:マーク・プライス(クリーブランド・キャバリアーズ) 1995年:グレン・ライス(マイアミ・ヒート) 1996年:ティム・レグラー(ワシントン・ブレッツ) 1997年:スティーブ・カー(シカゴ・ブルズ) 1998年:ジェフ・ホーナセック(ユタ・ジャズ) 2000年:ジェフ・ホーナセック(ユタ・ジャズ) 2001年:レイ・アレン(ミルウォーキー・バックス) 2002年:ペジャ・ストヤコビッチ(サクラメント・キングス) 2003年:ペジャ・ストヤコビッチ(サクラメント・キングス) 2004年:ボション・レナード(デンバー・ナゲッツ) 2005年:クエンティン・リチャードソン(フェニックス・サンズ) 2006年:ダーク・ノビツキー(ダラス・マーベリックス) 2007年:ジェイソン・カポノ(マイアミ・ヒート) 2008年:ジェイソン・カポノ(トロント・ラプターズ ) 2009年:デイクアン・クック(マイアミ・ヒート) 2010年:ポール・ピアース(ボストン・セルティックス) 2011年:ジェームズ・ジョーンズ(マイアミ・ヒート) 2012年:ケビン・ラブ(ミネソタ・ティンバーウルブズ) 2013年:カイリー・アービング(クリーブランド・キャバリアーズ) 2014年:マルコ・ベリネリ(サンアントニオ・スパーズ) 2015年:ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ) 2016年:クレイ・トンプソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ) 2017年:エリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ) 2018年:デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ) 2019年:ジョー・ハリス(ブルックリン・ネッツ) 2020年:バディ・ヒールド(サクラメント・キングス)

【特集】NBAオールスター2021まとめ

【投票企画】あなたが選ぶNBAベストゲーム~オールスターデビュー戦編~

スキルズチャレンジの出場者が決定 ルカ・ドンチッチ、クリス・ポールらが参戦へ

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • セルティックス
  • ブルズ
  • ウォリアーズ
  • サンズ
  • ジャズ

選手

  • Jaylen Brown
  • Jayson Tatum
  • Zach LaVine
  • Stephen Curry
  • Devin Booker
  • Donovan Mitchell

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAオールスター
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 3ポイントコンテストに歴代王者のステフィン・カリーとデビン・ブッカーが参戦 全出場者がオールスター選手となるのは史上初