FIBAアメリカップ予選に臨むアイザイア・トーマスがNBA復帰に意欲「ゴールは早くNBAでプレイすること」

昨季途中までワシントン・ウィザーズに所属したアイザイア・トーマスは、昨年2月にトレードされた先のロサンゼルス・クリッパーズからウェイブされた以降NBAチームと契約を結べていない。そんななかトーマスは、今週末に開催されるFIBAアメリカップ予選2試合にアメリカ代表の一員として参戦する。 NBAでのプレイからは1年離れているが、再びその舞台に舞い戻ることを目指す32歳の元オールスターガードが、今予選をそのきっかけにするべく意気込みを語った。『AP通信』のティム・レイノルズ記者が、そのコメントを伝えている。 「最大のゴールは可能な限り早くNBAでプレイすること。母国を代表するのを誇らしく思うのと同時に、今予選で他のプロたちと戦うことで、自分が健康体であり、自分らしいプレイができるということをNBAチームに披露したい」 すでに2022年のアメリカップの出場権を手にしているアメリカ代表にとって、日本時間2月20日(現地19日)のバハマ戦と22日(同21日)のメキシコ戦は大きな意味はない。チーム自体もNBAチームに所属していないフリーエージェント選手が主体となるが、トーマスにとっては重要な2試合となる。 トーマスは「スキルは失っていない。これまでは怪我が問題だったが、今は100%の状態」と自信を示しているが、ともに代表に参加する39歳のジョー・ジョンソン(元アトランタ・ホークスほか)も「調子は良さそう。ピック&ロールでは止められないんじゃないかな」とトーマスの調子の良さを語っている。 2011年のドラフト2巡目全体60位でNBA入りしたトーマスは、NBAで通算525試合(361先発)に出場し、平均18.1得点、2.5リバウンド、5.0アシストを記録。ボストン・セルティックスに在籍時の2016年と2017年にはオールスターにも選出されている。しかし、2017年のプレイオフで負った股関節の怪我の影響で、それ以降は本来の実力を発揮できていなかった。 NBA復帰を期すトーマスが、果たしてチャンスを活かせるのか注目となる。

ウィザーズのイシュ・スミスが大腿四頭筋損傷で6~8週間欠場

ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンがキャリア最初の50試合で平均23点&FG成功率60%超えを達成

ディフェンダーランキング、1位は絶好調ジャズのルディ・ゴベア「チームメイトに自信をもたらしている」

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • アメリカ代表
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. FIBAアメリカップ予選に臨むアイザイア・トーマスがNBA復帰に意欲「ゴールは早くNBAでプレイすること」