今季序盤戦MVPレース、36歳レブロン・ジェームズが1位「衰えの兆候は見られない」

NBAは各チーム20試合前後を行ない、2020-21シーズンは約3分の1を消化しようとしている。『NBA.com』のマイケル・C・ライト記者は、現時点での今季MVP候補をランク付け。1位には、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが立った。 昨季レイカーズに通算17回目の優勝をもたらしたジェームズは、日本時間の昨年12月31日(現地30日)に36歳となった。しかし、プロ18年目の今季も平均25.0得点、7.7リバウンド、7.5アシストをマーク。2月5日(同4日)のデンバー・ナゲッツ戦では27得点、10リバウンド、10アシストで今季2度目のトリプルダブルを達成し、通算フィールドゴール(FG)成功数でウィルト・チェンバレンを抜いてNBA歴代3位に浮上した。 試合後、ナゲッツのニコラ・ヨキッチは「彼はリーグでベストプレイヤーだ。あらゆる方法でゲームに影響を与えている」とジェームズを称賛していたが、ライト記者も「23試合すべてで少なくとも15得点、5リバウンド、5アシストを記録し、衰えの兆候は見られない。この男をMVPレースのトップ5から外すのは難しい」と1位にした理由を説明している。 2位は、イースタン・カンファレンス首位(16勝7敗)に立つフィラデルフィア・76ersの原動力になっているジョエル・エンビード。今季は平均29.1得点、11.1リバウンド、1.2スティール、1.3ブロックを挙げており、2月5日(同4日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦で敗れるまで、25得点以上をマークした試合ではチームは11戦無敗だった。 そのほか、今季平均26.8得点、11.8リバウンド、8.6アシスト、1.7スティールを記録するとともに、史上4人目となるシーズン最初の20試合で500得点、200リバウンド、150アシスト以上を叩き出したナゲッツのヨキッチが3位にランクイン。ブルックリン・ネッツのケビン・デュラント(平均30.8得点、7.5リバウンド、5.2アシスト)が4位、ロサンゼルス・クリッパーズのカワイ・レナード(平均26.2得点、5.3リバウンド、5.3アシスト、1.9スティール)が5位に続く結果となった。

ラプターズの渡邊雄太が自己最長の8戦連続出場 強力布陣のネッツ相手に10分間プレイ

歴史に残る1分9秒。八村塁と渡邊雄太のNBA初対決【2月11日(木)午前9時:ウィザーズ対ラプターズ】

「NBAオールスター2021」の投票を開始

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ
  • レイカーズ
  • ナゲッツ
  • 76ers
  • ネッツ

選手

  • Nikola Jokic
  • Kevin Durant
  • LeBron James
  • Joel Embiid
  • Kawhi Leonard

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 今季序盤戦MVPレース、36歳レブロン・ジェームズが1位「衰えの兆候は見られない」