キャリアハイ更新のラメロ・ボールをホーネッツ指揮官が称賛「彼には恐れがない」

日本時間1月31日(現地30日)に開催されたミルウォーキー・バックス対シャーロット・ホーネッツの一戦は、126-114でホームのホーネッツが勝利を飾った。 昨季リーグ最高勝率をマークした強豪バックスを撃破したホーネッツは、控え出場のラメロ・ボールがキャリアハイの27得点と出色の活躍を披露。得点以外にも9アシスト、5リバウンド、4スティールと存在感を示したルーキーを、ジェームズ・ボレーゴHC(ヘッドコーチ)も手放しで称賛した。『Hornets.com』のサム・パーレイ記者が、そのコメントを伝えている。 「ラメロはとても積極的だったね。彼には恐れがない。ペイントにアタックし、フリースローも獲得する。さらにチームのためにプレイメイクもしている。バックスにプレッシャーをかけ続けると同時に、ターンオーバーもなく冷静にプレイした。彼の大胆不敵さが大好きだ。彼は特別な青年で、今後もっと上手くなるだろう」 同試合で10本中8本のフィールドゴールを成功(3ポイント 2/3)させたボールは、80%以上のシュート成功率で25得点、5リバウンド、5アシスト、2スティール以上を記録した史上3人目のルーキーとなった。これまでに同ラインをクリアしているのはジョン・ドリュー(元アトランタ・ホークスほか)とスティーブ・フランシス(元ヒューストン・ロケッツ)のみ。 昨年のドラフト全体3位でホーネッツに指名されたボールは、今季チームのシックスマンとして20試合に出場し、平均12.2得点、5.9リバウンド、6.1アシスト、1.5スティールを記録。9勝11敗の成績でイースト8位につけるホーネッツに、1年目から大きく貢献している。 3連勝を目指すホーネッツは次戦、2月2日(同1日)にマイアミ・ヒートと対戦。昨季のファイナリスト相手に、恐れ知らずのルーキーがどんなプレイを見せてくれるのか注目だ。

キャリアハイを更新した渡邊雄太をラプターズ指揮官も称賛「本当に素晴らしかった」

ネッツがベテランガードのイマン・シャンパートと契約 ペリメーター守備の強化へ

レブロン・ジェームズが通算3ポイント成功数、ラッセル・ウェストブルックが通算アシスト数でそれぞれ歴代13位に

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ホーネッツ

選手

  • LaMelo Ball

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キャリアハイ更新のラメロ・ボールをホーネッツ指揮官が称賛「彼には恐れがない」