アレックス・レンとジョーダン・ベルがウィザーズと契約

日本時間1月24日(現地23日)、ワシントン・ウィザーズは、フリーエージェントだったアレックス・レンとジョーダン・ベルの2人と契約を結んだことを発表した。 ウクライナ出身のビッグマンである27歳のレンは、2013年のドラフト1巡目全体5位でフェニックス・サンズが指名。身長213cmというサイズを誇り、アトランタ・ホークスに在籍した2018-19シーズンには平均11.1得点、5.5リバウンド、0.9ブロック、3ポイント成功率36.3%をマークした。キャリア通算では、474試合で平均7.9得点、6.2リバウンド、1.0ブロックを記録している。 今季はトロント・ラプターズでプレイしたが、7試合で平均2.3得点、1.6リバウンドと結果を残せず、20日(同19日)にウェイブ(契約解除)されていた。 26歳のベルは、2017年のドラフト2巡目全体38位指名でNBA入り。最初の2シーズンをゴールデンステイト・ウォリアーズで過ごし、昨季はミネソタ・ティンバーウルブズとメンフィス・グリズリーズの2チームでプレイした。 昨年3月にグリズリーズにウェイブされたのち、シーズン中断中の6月にクリーブランド・キャバリアーズと契約。しかし、キャバリアーズでは一度もプレイすることなく、11月にロサンゼルス・レイカーズにトレードされると、その直後にレイカーズでもウェイブされた。 身長203cmとビッグマンとしては小柄だが、機動力があり、キャリア通算では154試合で平均3.8得点、3.1リバウンド、1.3アシスト、0.8ブロックを記録している。最終的にウェイブされるも、ウィザーズとは12月にエグジビット10契約を結んでいた。 なお、ウィザーズは新型コロナウイルスの影響により、現在6試合連続で試合が延期となっている。次戦は1月25日(同24日)に、サンアントニオ・スパーズとの一戦が予定されている。

MVP級のプレイを続けるナゲッツのニコラ・ヨキッチに相次ぐ称賛の声「弱点がない」

主力不在のヒートで存在感を発揮するケンドリック・ナン「ただ自分らしいプレイをする」

キャバリアーズがケビン・ポーターJr.をロケッツへトレード

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • Alex Len
  • Jordan Bell

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アレックス・レンとジョーダン・ベルがウィザーズと契約