ネッツのナッシュHC、新生ビッグ3のデビュー戦を落とすも「まだ成長過程」

日本時間1月21日(現地20日)に行われたブルックリン・ネッツ対クリーブランド・キャバリアーズの一戦は、2度の延長戦の末に147-135でキャバリアーズが勝利を飾った。 ネッツはカイリー・アービングが復帰し、ケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデンとの新生ビッグ3がデビュー。3人で合計96得点(デュラント:38得点、アービング:37得点、ハーデン:21得点)とそれぞれ持ち味を発揮するも、キャバリアーズに20本もの3ポイントを許すなど守備に課題を残した。 期待された結果を残せなかったネッツだが、スティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)は「今日は(3人)全員が揃った初めての試合」と、まだチームとして完成していないと説明。試合後に指揮官が語ったコメントを、『Brooklynnets.com』のトム・ダウド記者が紹介している。 「時々プレイで迷う場面もあったね。だけど初めて一緒にプレイするのだから、それは自然なこと。守備の改善が必要なのは間違いない。だけど私は前を向いている。チームは成長過程にあって、これはシーズン通して時間がかかるもの。もちろん結果には満足していない。成長の余地は多くあるが、チャンスもまた多くある」 12リバウンド、8アシストと得点以外でも活躍したデュラントは、35-26と追い上げを見せた試合の第4クォーターにおけるプレイに手応えを感じたようだ。 「スペースをより広げてプレイした。キャバリアーズは1対1で守るようになり、自分らはオフェンスでやりたいことがやれ、守備では何度も相手の攻撃をストップした。スイッチして得点を許さず、リバウンドを取って走る。第4クォーターは、自分たちがやりたいと思っていた形に近かったね」 試合には敗れたものの、多くの収穫も得たネッツ。チームとして機能したとき、ビッグ3はどのようなプレイを見せてくれるのか。今後もネッツから目が離せない。 ネッツは23日(同22日)にキャバリアーズと再び対戦する。

米記者が新人ラメロ・ボールを称賛「教えることができない才能」

42点のジョエル・エンビードに敵将も称賛 セルティックスがリベンジするには

ウォリアーズのステフィン・カリー、守備面で成長を見せるアンドリュー・ウィギンズを称賛「インパクトを残せると証明した」

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • ネッツ

選手

  • Kyrie Irving
  • Kevin Durant
  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般
  • スティーブ・ナッシュ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ネッツのナッシュHC、新生ビッグ3のデビュー戦を落とすも「まだ成長過程」