【1月5日(火)】NBA 全9試合プレビュー

1月4日(日本時間5日)、NBAでは全9試合が行なわれる。以下、各試合の見どころを紹介する。

キャバリアーズ(4-2) vs マジック(4-2):午前9時開始

キャバリアーズは2日(同3日)、それまでリーグベストの平均125.8点を挙げていたホークスに、後半はFG成功率を39.5%に封じる堅守で4勝目を挙げる。この試合、残り27.9秒で勝利を決定づける3ポイントを沈めるなど、勝負強さも発揮しつつあるコリン・セクストンも注目。 マジックは開幕4連勝を飾るも、直近2戦は76ersとサンダーに連敗。キーマンは先発PGのマーケル・フルツだ。平均15.7点、3.3リバウンド、5.8アシストをマークする2017年のドラ1は、セクストン、ダリアス・ガーランドといったキャバリアーズの成長株らを封じることができるか。

■キャバリアーズ vs マジックの詳細を見る

ホーネッツ(2-4) vs 76ers(5-1):午前9時開始

ホーネッツは76ersに対して12連敗中。開幕からの5試合で平均11.2点、4.4リバウンド、4.0アシストとオールラウンドに活躍するルーキーのラメロ・ボールが、連敗阻止のカギを握る。 イースト首位の76ersは、リーグ最多の平均7.7ブロックを記録している。2日(同3日)の対戦でトリプルダブルを記録したベン・シモンズは、再びホーネッツを手玉に取るのだろうか。

■ホーネッツ vs 76ersの詳細を見る

ニックス(3-3) vs ホークス(4-2):午前9時30分開始

ニックスは平均21.2点、10.5リバウンド、7.2アシストを挙げるジュリアス・ランドルが軸だが、2日(同3日)のペイサーズ戦ではRJ・バレット(25点)、エルフリッド・ペイトン(19点)、オースティン・リバース(15点)が活躍。好調ホークス撃破にはランドル以外の活躍が欠かせない。 ホークスは平均120点、3ポイント成功数(81)、FT試投数(27.8)、セカンドチャンスポイント(16.5)でリーグ上位にランクインしているように、果敢なオフェンスが冴え渡っている。2日(同3日)のキャバリアーズ戦では接戦を落としており、連敗は回避したい。

■ニックス vs ホークスの詳細を見る

サンダー(2-3) vs ヒート(2-3):午前9時30分開始

サンダーにとって遠征5連戦の2試合目。ヒートからは直近9戦で7勝を挙げている。2日(同3日)のマジック戦で19点、12リバウンドをマークした2年目のダリアス・ベイズリーに期待。 黒星が先行しているヒートは、被FG成功率こそ44.7%と及第点ながら被3ポイント成功率が40.1%と苦戦している。昨シーズンのプレイオフで披露した自慢の堅守でペースを掌握し、連敗を回避できるか。

■サンダー vs ヒートの詳細を見る

セルティックス(4-3) vs ラプターズ(1-4):午前9時30分開始

セルティックスの主砲ジェイソン・テイタムは絶好調。3日(同4日)のピストンズ戦では、試合残り2.9秒で決勝点となるミドルシュートを沈めており、勢いそのままにラプターズ撃破を狙う。 わずか1勝にとどまるラプターズにおいて希望の光となっているのが、チーム最多の平均19.2点を挙げるフレッド・バンブリートだ。ともに先発を務めるカイル・ラウリーとともに、流れを変えられるか。渡邊雄太の出場も期待される。

■セルティックス vs ラプターズの詳細を見る

マーベリックス(2-4) vs ロケッツ(2-2):午前10時開始

マーベリックスは左大腿四頭筋挫傷のため、3日(同4日)のブルズ戦を欠場したルカ・ドンチッチがこの試合もコートに立てない可能性がある。そのブルズ戦で3ポイントが2/12と絶不調だったティム・ハーダウェイJr.の復活に期待したい。 ロケッツはジョン・ウォールとジェームズ・ハーデンが揃い踏みの予定。昨シーズンのマーベリックス戦で平均38.7点、11.3リバウンド、8.3アシスト、2.7スティールを記録しているハーデンは、“お得意様”を相手に再び大暴れするか。

■マーベリックス vs ロケッツの詳細を見る

ピストンズ(1-5) vs バックス(3-3):午前10時開始

ピストンズは1日(同2日)のセルティックス戦に敗れはしたものの、2点差という接戦を演じてみせた。チーム最多の平均23.0点をマークするジェレミー・グラントの出来が、勝敗を左右しそう。 バックスはヤニス・アデトクンボ(23.5点)、クリス・ミドルトン(21.2点)など主力が揃って好調だが、大量得点を許してしまうことも少なくない。7連勝中と相性のいいピストンズを破り、今季初の連勝を飾れるか。

■ピストンズ vs バックスの詳細を見る

ペイサーズ(4-2) vs ペリカンズ(4-2):午前10時開始

ペイサーズは今シーズン第1週の週間MVPに輝いたドマンタス・サボニスが好調をキープ。チームとしては第3クォーターで一気に突っ走るケースが多く、この12分が勝負の分かれ目となるだろう。 ペリカンズはブランドン・イングラムとザイオン・ウィリアムソンの2人がハイペースで得点を積み重ねている。直近20戦で14敗と分が悪いが、今シーズンに見られる試合終盤の粘り強さを発揮して、3連勝を飾りたい。

■ペイサーズ vs ペリカンズの詳細を見る

キングス(3-3) vs ウォリアーズ(3-3):午後0時開始

開幕2連勝スタートのキングスだが、敵地でロケッツに2連敗を喫して貯金がゼロに。FG成功率37.3%と調子の上がらないマービン・バグリー三世の復調が待たれる。 ウォリアーズは3日(同4日)のブレイザーズ戦で、ステフィン・カリーがキャリアハイとなる62点の大爆発。連戦の疲れが残るなか、どのようなパフォーマンスを発揮できるか。

■キングス vs ウォリアーズの詳細を見る


ウェスト首位を走るサンズで存在感を発揮するクリス・ポール 指揮官も「チームの財産」と称賛

1月3日(日本時間4日)NBA試合結果一覧

■NBA 2020-21シーズンを観よう!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【1月5日(火)】NBA 全9試合プレビュー