NBAがフルタイムでコーチ・チャレンジを採用

12月17日(日本時間18日)、NBAはリーグの理事会で2020-21シーズンからコーチ・チャレンジをフルタイムで実施することを承認したと発表した。コーチ・チャレンジは昨シーズン、1年間のトライアルとして導入されていた。NBAの競技委員会は、理事会の投票前からフルタイムでの実施を推奨していた。 コーチ・チャレンジは、限られた項目についてインスタントリプレイを要求できるもので、ヘッドコーチに発言権を与え、リプレイまでのプロセスをさらに最適化するというもの。 今回理事会は、以下の2つの具体的な状況を明確に定義している。 1.異議申し立ての前にディレイ・オブ・ゲーム(試合を遅延する行為)を取られている場合、その判定に対するチャレンジの権利を失う。 2.審判が正しい判定を下すべく協議するも、審判の最終的な決定が不利だと感じたチームがそのコール対してチャレンジする場合、そのコール直後に行う必要がある。 2019-20シーズン中、NBAのヘッドコーチはレギュラーシーズンで633回、プレイオフで67回チャレンジをコールした。そのうち、レギュラーシーズンでは281回(44%)、プレイオフでは27回(40%)のコールが覆された。

『Legend Story』NBAの新時代を創った司令塔、スティーブ・ナッシュ

トレードの噂が報道されるジェームズ・ハーデン、「ここでプレイすることに集中している」と明言避ける

ホーネッツのゴードン・ヘイワードが右手小指を剥離骨折

マジックがモー・バンバのチームオプションを行使 2021-22シーズンまでの契約を保証

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAがフルタイムでコーチ・チャレンジを採用