【注目FA選手特集】センター編

NBAでは、フリーエージェント(FA)の交渉が11月20日(日本時間21日)に解禁される。12月22日(同23日)の2020-21シーズン開幕に向けて各チームが補強を進めていくなか、「NBA Rakuten」ではFA市場で注目の選手をポジション別に紹介する。

ハッサン・ホワイトサイド(ブレイザーズ/完全FA)

■2019-20シーズン成績:67試合、平均30.0分、15.5得点、13.5リバウンド、1.2アシスト、2.9ブロック ■去就予想:ペリカンズ、ロケッツ、ホーネッツ、ピストンズ、ウィザーズ 6シーズン連続で平均ダブルダブル、4年ぶりにリーグ最多ブロックを記録したホワイトサイドだが、ブレイザーズ残留は厳しそう。インサイドにはすでにユスフ・ヌルキッチ、ザック・コリンズの2人がおり、残留すればベンチからの出場が濃厚だ。出場機会を望むなら、リバウンダーやリムプロテクターを必要としているチームへの移籍を選ぶだろう。候補に挙がっているのは、ディフェンスの強化が必要なペリカンズ。指揮官が変わって方向転換の可能性もあるロケッツもあるか。

ホワイトサイド関連の動画を観る

マルク・ガソル(ラプターズ/完全FA)

■2019-20シーズン成績:44試合、平均26.4分、7.5得点、6.3リバウンド、3.3アシスト、0.8スティール、0.9ブロック ■去就予想:ウォリアーズ、クリッパーズ、セルティックス、マーベリックス ハムストリングの怪我で昨季はキャリア最少となる44試合の出場にとどまった。来年1月に36歳になる上、ラプターズではサージ・イバカとフレッド・バンブリートの再契約が重要視されているため、大幅の減俸(昨季の年棒は1969万ドル)を呑まない限り、残留は難しいかもしれない。古巣のバルセロナ(スペイン)へ戻るのではと噂は否定しており、オファーがあった中でチャンピオンを狙えるチームへの移籍を希望している。

ガソル関連の動画を観る

サージ・イバカ(ラプターズ/完全FA)

■2019-20シーズン成績:55試合、平均27.0分、15.4得点、8.2リバウンド、1.4アシスト、0.8ブロック ■去就予想:ラプターズ残留、レイカーズ、マーベリックス、ロケッツ、ネッツ FG成功率51.2%、3ポイント成功率38.5%とシュートが安定しており、“ストレッチ5”として計算できる。ディフェンスでも身体能力の高さを生かして、リムプロテクターとして十分な働きを魅せる。ラプターズ首脳陣は再契約を望んでいるが、他のチームも興味を示しており、一筋縄ではいかないかもしれない。

イバカ関連の動画を観る

ドワイト・ハワード(レイカーズ/完全FA)

■2019-20シーズン成績:69試合、平均18.9分、7.5得点、7.3リバウンド、0.7アシスト、1.1ブロック ■去就予想:レイカーズ残留、ウォリアーズ プレイオフではマッチアップの関係上、出場機会に恵まれなかったが、カンファレンス決勝のナゲッツ戦で存在感を発揮。ニコラ・ヨキッチを持ち味のフィジカルなディフェンスで苦しめるなど、まだディフェンダーとして十分計算できることを証明した。そうした姿に目を付けたのが経験豊富なビッグマンの補強を企てているウォリアーズで、獲得に興味を示していると言われている。

ハワード関連の動画を観る

デマーカス・カズンズ(未所属/完全FA)

■2019-20シーズン成績:全休 ■去就予想:レイカーズ、セルティックス、クリッパーズ 直近3シーズンは相次ぐ怪我に悩まされ、昨季に至ってはレイカーズと1年契約を結んだもののワークアウト中に前十字靭帯を断裂。2月に解雇と苦しい時を過ごした。とはいえ、元オールスターセンターはまだ30歳と老け込むには早く、健康体を取り戻せば再び往時の活躍を披露できるはずだ。レイカーズは再契約の意向を表明し、3ポイントが打てるビッグマンを欲するセルティックスも興味を示しているなど、密かに今オフの注目銘柄となりそうだ。


【注目FA選手特集】ポイントガード編

【注目FA選手特集】シューティングガード編

【注目FA選手特集】スモールフォワード編

【注目FA選手特集】パワーフォワード編

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • フリーエージェント
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【注目FA選手特集】センター編