ウィザーズGM、大黒柱ブラッドリー・ビールのトレードを完全否定「彼はどこにも行かない」

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは、現在最もトレードの噂が飛び交っているビッグネームの1人だ。しかし、ウィザーズのトミー・シェパードGM(ゼネラルマネージャー)は、改めて放出の可能性を完全否定している。 ビールはNBA8年目の2019-20シーズン、リーグ2位の平均30.5得点を記録して現代屈指のスコアラーとしての地位を固めた。2019年10月に2年7200万ドル(約75億円)の延長契約にサインしており、「僕をフランチャイズプレイヤー、組織の一部と考えてくれているのは光栄なことだ」と“ウィザーズ愛”を語っていた。 そのなかで、噂レベルながら昨季王者のロサンゼルス・レイカーズ、NBAファイナルに進出したマイアミ・ヒート、復権を期すゴールデンステイト・ウォリアーズなどが、ビールの獲得を狙っているという話が浮上。シェパードGMは11月3日(日本時間4日)にラジオ局『WJFK-FM』の番組『Grant and Danny』で、「ブラッドは間違いなく我々にコミットしている。これまでと変わらず、(ワシントン)D.C.に忠誠を誓っている」と残留を確信するようなコメントを残していた。 2020年のドラフト開催を11月18日(日本時間19日)に控え、シェパードGMは改めてビールは“アンタッチャブル”な存在だと強調したという。 『ESPN』のティム・ボンテンプス記者によれば、ドラフトに関連するビールのトレードの可能性について問われ、シェパードGMは「ブラッドリー・ビールはどこにも行かない」と明言。『The Athletic』のフレッド・キャッツ記者も、同様のコメントを「472回目の再主張」と伝えている。 ウィザーズは、左足アキレス腱断裂で約2年実戦から遠ざかっているジョン・ウォールが2020-21シーズンに復帰の見込み。2年目を迎える八村塁を含めたビッグ3で巻き返しを狙えるのか、開幕前まで去就に注目が集まりそうだ。

【無料】俺達のNBA‼「俺達のドラフト」

キャブズのアンドレ・ドラモンド、2870万ドルのプレイヤーオプション行使を決断

バックス、3ポイントシューターのボグダン・ボグダノビッチをサイン&トレードで獲得合意

名手レイ・アレン、ジェームズ・ハーデンのネッツ移籍&“ビッグ3結成”に警鐘「大惨事にもなりうる」

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • Bradley Beal

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウィザーズGM、大黒柱ブラッドリー・ビールのトレードを完全否定「彼はどこにも行かない」