マーベリックスのクリスタプス・ポルジンギス、シーズン序盤は欠場の見込み

ダラス・マーベリックスのクリスタブ・ポルジンギスが、手術した右膝の影響で、新シーズンの序盤戦を欠場する見込みであることが分かった。『ESPN』のティム・マクマホン記者が報じている。 マクマホン記者によれば、ESPNに対してマーベリックスのバスケットボール運営部門代表を務めるドニー・ネルソンは、「来年の1月1日にコート上でのアクティビティを再開することを目標にしている」とポルジンギスの復帰時期について言及。また、ネルソンは、11月15日(日本時間16日)に地元ラジオ番組『105.3 FM The Fan』に出演した際、ポルジンギスに復帰を急がせることはないと語っている。 「私たちは、100%の確信が持ててから彼をコートで活動させるつもりだ。そして彼がチームに合流する前にシーズンは始まることになるだろう」 昨シーズン、57試合で平均20.4得点、9.5リバウンドを記録したポルジンギスは、ルカ・ドンチッチに次ぐ得点源としてチームのプレイオフ進出に貢献した。しかし、ロサンゼルス・クリッパーズとのプレイオフ1回戦初戦で右膝を負傷。第3戦までプレイし続けたが、状態が悪化した第4戦以降は試合を欠場することに。結果的にチームはシリーズを2勝4敗で落とし、ポルジンギスが右ひざ外側半月板の手術を行ったことが、10月9日(同10日)にチームより発表された。 ポルジンギスは、ニューヨーク・ニックスに在籍していた2018年2月に左膝前十字靭帯断裂の大怪我を負い、2018-19シーズンを全休。それだけにチームとしては、復帰に慎重にならざるを得ないところだろう。 一方、今年1月21日(同22日)の試合で右アキレス腱を断裂し、残りのシーズン欠場となったビッグマンのドワイト・パウエルは順調に回復しているようだ。マクマホン記者は、「ネルソンはパウエルについて、練習メニューの制限はあってもトレーニングキャンプには最初から参加できると楽観視している」と伝えている。パウエルは昨季、平均9.4得点、5.7リバウンドを挙げている。

【無料】俺達のNBA‼「俺達のドラフト」

バックス、ドリュー・ホリデーのトレード獲得が内定 ヤニス・アデトクンボの契約延長に追い風となるか

名手レイ・アレン、ジェームズ・ハーデンのネッツ移籍&“ビッグ3結成”に警鐘「大惨事にもなりうる」

ブレイザーズ、ロバート・コビントン獲得でロケッツと合意報道 交換要員はトレバー・アリーザとドラフト指名権

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • Kristaps Porzingis
  • Dwight Powell

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マーベリックスのクリスタプス・ポルジンギス、シーズン序盤は欠場の見込み