ヒートがOBのカロン・バトラーをアシスタントコーチとして招聘

11月14日(日本時間15日)、マイアミ・ヒートはかつてチームでプレイしたカロン・バトラーが、アシスタントコーチ(AC)としてチームに復帰すると発表した。 2002年のNBAドラフト1巡目全体10位指名でNBA入りしたコネチカット大出身のバトラーは、14年のNBAキャリアで、ヒート、ロサンゼルス・レイカーズ、ワシントン・ウィザーズ、ダラス・マーベリックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、ミルウォーキー・バックス、オクラホマシティ・サンダー、デトロイト・ピストンズ、サクラメント・キングスと9チームを渡り歩き、マーベリックス時代の2011年には優勝も経験。2度のオールスター出場(2007年、2008年)を誇り、キャリア通算では881試合で平均14.1得点、5.0リバウンド、2.3アシストを記録している。 ヒートのエリック・スポールストラHC(ヘッドコーチ)は、バトラーのAC就任について以下のようにコメントしている。 「カロンの経歴は素晴らしく、彼のキャラクター、献身性、ハードワークはNBA界でリスペクトされている。精神的なタフさ、そして選手やメディアの一員として20年間NBAに携わってきた彼の経験は、我々のコーチングスタッフと選手にとって貴重な財産となるだろう。何よりも重要なのは、ここでキャリアをスタートさせた彼が、マイアミ・ヒートのDNAを持っているということ。彼が戻ってきてくれたことが非常に嬉しい」 2017年以降、バトラーはNBAや大学バスケットボールの解説者として活躍。また、社会正義をテーマにしたNBAケアーズのYouTube番組『1-on-1 with Caron Butler』ではホストを務めた。

【無料】俺達のNBA‼「俺達のドラフト」

【NBAドラフト2020】注目選手紹介:スモールフォワード編

レイカーズとサンダーがデニス・シュルーダーのトレードで基本合意と報道

残留か、移籍か? ヤニス・アデトクンボ、バックスでの将来に言及「球団の決断次第」

関連タグ

チーム

  • ヒート

キーワード

  • ニュース全般
  • アシスタントコーチ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ヒートがOBのカロン・バトラーをアシスタントコーチとして招聘