ビクター・オラディポ、ラプターズ、ヒート、ニックスの選手に“意味深行動” 「一緒にプレイしてもいい?」

インディアナ・ペイサーズのビクター・オラディポは、2020-21シーズン終了後に完全FA(フリーエージェント)となる。トレードの噂も絶えないが、本人もシーズン中から“情報収集”を行なっていたようだ。 2013年のNBAドラフト1巡目2位指名を受けたオラディポは、オーランド・マジックで3年間プレイしたのち、オクラホマシティ・サンダーを経て、2017年にペイサーズへ移籍。エースに上り詰めたなかでも2018年の活躍は目覚しく、スティール王とMIP(最も成長した選手)をダブル受賞したほか、オールスター初出場も果たした。 2019年1月に右脚大腿四頭筋腱を断裂。今年1月に復帰を果たしたが、昨季は19試合の出場で平均14.5得点、3.9リバウンド、2.9アシストにとどまった。ペイサーズとは年俸2100万ドル(約22億円)の契約が2020-21シーズンまで残っているが、リーグトップクラスのペリメーター・ディフェンダーであり、高い得点力を誇るオラディポはトレードに関しても多くのチームが興味を持っているとされている。 そのなかで、『Indianapolis Star』のJ・マイケル記者によれば、オラディポもシーズン中に相手チームに対して“意味深な行動”を取っていたという。 「それは対トロント・ラプターズ戦で起こった。マイアミ・ヒート戦で起こった。ニューヨーク・ニックス戦でも起こった。『自分も一緒にプレイしてもいい?』。あるいは、意味深な言葉の繰り返しだ。これは、ペイサーズのチームメイトの前でビクター・オラディポが言っていたという内容で、彼に対して動揺がチーム内で走ったとされている」 オラディポはラプターズ、ヒート、ニックスの選手に対し、新天地候補の探りを入れるかのように試合の中で会話をしていた様子。これは移籍への布石なのか、真相は本人のみぞ知るところだが、当面は市場を賑わせるタレントであることは間違いない。

【無料】俺達のNBA‼ 「俺達の答え合わせ」

【11月14日(土)】Legend Watcher ~ジョーダン vs コービーを #一緒に観よう!~

ジャズのマイク・コンリー、契約を破棄せずチーム残留が濃厚

ウォリアーズがアーロン・ゴードン獲りか 米記者がトレードの可能性を分析「十分理にかなっている」

関連タグ

チーム

  • ニックス
  • ペイサーズ
  • ヒート
  • ラプターズ

選手

  • Victor Oladipo

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ビクター・オラディポ、ラプターズ、ヒート、ニックスの選手に“意味深行動” 「一緒にプレイしてもいい?」