ウォリアーズ、サンズのケリー・ウーブレJr.獲得に興味か トレード例外条項が鍵と米記者予想

ゴールデンステイト・ウォリアーズは2019-20シーズン、故障者続出でリーグ最下位(15勝50敗)に沈んだ。しかし、来たる新シーズンは開幕からステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンの大黒柱が揃い踏みで、再び優勝戦線に絡んでくると予想されている。 王座復権を目指すウォリアーズにおいて、今オフの補強ポイントとなるのがウイングポジションだ。シュティーングガード、スモールフォワードの両ポジションをこなせ、3ポイントシュート力を備える選手が理想的となる。 『ESPN』のニック・フリーデル記者によれば、そのニーズに合った選手として、ウォリアーズはフェニックス・サンズのケリー・ウーブレJr.をトレードで獲得することに興味を持っているという。 「人々とこの件について話す時、ケリー・ウーブレJr.の名前が挙がってくる。ウォリアーズは彼を獲得できるのか。そのためには、誰を放出しないといけないのか。あと少しで期限は切れるが、彼らはアンドレ・イグダーラを放出した際のトレード例外条項を持っている」 24歳のウーブレJr.は、2019-20シーズンに56試合出場で自己ベストとなる平均18.7得点、6.5リバウンドを記録。エースのデビン・ブッカーに次ぐサンズの得点源として奮闘したが、一方でバブル(隔離地域)でのリーグ再開後の試合には膝の故障で欠場。不在の間にチームはバブルを8戦全勝で終える躍進を遂げており、存在感は薄れている。また、2020-21シーズンが契約最終年であることから、トレードで放出するには最適なタイミングである。 ドラフト全体2位指名権で誰を指名するのか、もしくはトレードダウンを行うのか。今オフにおけるウォリアーズの補強戦線はより楽しみになってくる。

【無料】DAILY9Next~in オフシーズン~#1 女子3人がオフも集合!を観る

7年連続平均20得点以上のデマー・デローザン、バックスとネッツがトレード獲得に興味か

デリック・ローズがコービー・ブライアントから学んだ“NBAで生き残る”秘訣 「微妙にニュアンスを修正する」

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ
  • サンズ

選手

  • Kelly Oubre Jr.

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォリアーズ、サンズのケリー・ウーブレJr.獲得に興味か トレード例外条項が鍵と米記者予想