ロケッツ、ジェームズ・ハーデンの放出は非現実的 米記者主張「ハーデンの全盛期に100%賭けている」

2019-20シーズン終了後、ヒューストン・ロケッツはダリル・モーリーGM(ゼネラルマネージャー)、マイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)とスモールボールの推進役が揃ってチームを去った。そのため、ロスターの大幅な刷新を実施し、大黒柱ジェームズ・ハーデンを軸としたトレードを予想する声も上がっている しかし、『ESPN』のティム・マクマホン記者は、同局のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者のポッドキャスト番組『The Woj Pod』に出演した際、その可能性を否定した。 「今、私が言えることは、ロケッツはジェーム・ハーデンの全盛期に100%賭けている。彼らはハーデンがリーグのベストプレイヤーと考えているんだ」 モーリー氏はフィラデルフィア・76ersの新球団社長就任が有力視されている。それに伴い、ベン・シモンズとハーデンを含めた大型トレードの噂も浮上しているが、マクマホン記者は、同局のブライアン・ウィンドホースト記者のポッドキャスト番組『Brian Windhorst & The Hoop Collective』でこのように断言している。 「ロケッツの関係者を含めた何人かの人物と話したが、ジェームズ・ハーデンとベン・シモンズのトレードはあり得ないことだ。聞かないでくれ」 ハーデンが加入した2012-13シーズン以降、ロケッツはレギュラーシーズンで安定した勝率を残しているが、一度もNBAファイナルに進出したことはない。過去4シーズンのうち、3度はカンファレンス準決勝敗退とプレイオフで苦戦している。 ハーデンと決別する可能性を周囲が語る一方で、現在31歳のハーデンに、ロケッツは引き続き絶大な信頼を寄せているようだ。

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

選手

  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般
  • トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ロケッツ、ジェームズ・ハーデンの放出は非現実的 米記者主張「ハーデンの全盛期に100%賭けている」