ペリカンズのスタン・バン・ガンディ新HC、司令塔ロンゾ・ボールを高評価「スマートでアンセルフィッシュ」

ニューオーリンズ・ペリカンズは10月22日(日本時間23日)、スタン・バン・ガンディ氏がフランチャズ第7代目のHC(ヘッドコーチ)に就任したことを正式発表した。ザイオン・ウィリアムソン、ブランドン・イングラムなど若手有望株が揃うなか、新指揮官は司令塔のロンゾ・ボールにも期待を寄せている。 ペリカンズはアルビン・ジェントリーHC体制5年目の今季、最終順位はウェスタン・カンファレンス13位(30勝42敗)に終わったが、1月にNBAデビューを飾ったウィリアムソンとボールのホットラインは大きな武器となり、イングラムはMIP(最も飛躍した選手)を受賞、ベテランのJJ・レディックとドリュー・ホリデーもチームに彩りを加えた。 HC通算523勝を記録するバン・ガンディ氏の就任により、新たなチーム作りに注目が集まるなか、新指揮官は『ESPN』のザック・ロウ記者がホストを務めるポッドキャスト『The Lowe Post』で“ボール評”についてこのように語っている。 「ロンゾ・ボールの長所はサイズと賢さ。非常に、非常に、スマートなプレイヤーで、アンセルフィッシュだ。彼は何よりもパスを優先する。効率的なバスケットボールプレイヤーの素養があるということだ」 今季レギュラーシーズンでチームトップの平均7.0アシストを記録したボール。ウィリアムソンへのピンポイントのアリウープパスを何度も披露するなど、プレイメイク能力は実証済だが、バン・ガンディ氏は3ポイントの成長にも注目している。 「3ポイントも成功率が約38%(37.5%)、1試合平均で約2.5本(2.3本)を成功させている。今年、ロンゾ・ボールにとって進歩だと思ったのは、1試合で3ポイントを10本、11本を放った試合がいくつかあったこと。これまでは、もし最初に3ポイントを打って入らなかったら、その後はパスをして味方にシュートさせていた。アルビン・ジェントリー(前HC)は『違う、違う。オープンだったら、君はシュートを打ち続けるんだ』と説得したと思う。ロンゾ・ボールに関しては上手く事が運んでいる」 ウィリアムソンがシーズンを通して健康状態を保つのはもちろんのこと、ボールの活躍も新生ペリカンズの命運を握るのは間違いない。

【無料】DAILY9Next 最新回を観る

レブロン・ジェームズがNBA公認ゲーム最新作『NBA 2K21』の能力値NO.1と発表「いまだキング」

アンソニー・デイビスは「世界最高の選手になれる」 NBAエージェントがレブロン・ジェームズの“後継者”に指名

マイケル・ジョーダン、コーチの道に進まなかった理由を告白 「我慢できない性分」「闘争心が強すぎる」

クリッパーズのタロン・ルー新HCが就任会見「私のシステム、方針に適応しないといけない」

セルティックスのダニエル・タイスが左膝を手術 来季開幕には間に合う見込み

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

選手

  • Lonzo Ball
  • Brandon Ingram
  • JJ Redick
  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ペリカンズのスタン・バン・ガンディ新HC、司令塔ロンゾ・ボールを高評価「スマートでアンセルフィッシュ」