レイカーズのジャレッド・ダドリー、ファイナル中に同僚を罵倒した人気ラッパーに抗議

2019-20シーズンをリーグ優勝で終えたロサンゼルス・レイカーズのジャレッド・ダドリーが、NBAファイナルの期間中に同僚のダニー・グリーンを批判していた人気ラッパーのスヌープ・ドッグに抗議した。 グリーンが批判されるきっかけとなったのは、ファイナル第5戦における試合終了間際でのプレイ。マイアミ・ヒートを1点差で追いかける試合残り7.1秒、決めれば優勝という場面でフリーの3ポイントシュートを放ったグリーンだったが、シュートはリングに弾かれ、結果レイカーズはその試合に敗れてしまった。レイカーズの熱狂的なファンとして知られるスヌープ・ドッグは、ここぞという場面で決めきれなかったグリーンに激怒。自身のインスタグラムでグリーンを「ヘタレ」呼ばわりするなど、複数の投稿で心無い言葉を浴びせていた。 この出来事について、グリーンの同僚であるダドリーは納得していなかったようだ。『Complex Network』のポッドキャスト番組『Load Management』に出演した際、スヌープ・ドッグの行動に疑問を呈している。 「もしあなたが応援するチームの優勝を願っているのならば、そのチームを優勝に導こうと頑張っている選手を罵倒するのはおかしいと思う。ヘタレと呼ぶことは男性に対する一番の侮辱だ」 するべきではない行動だったと意見したダドリーだったが、同時に誰しもが同じことをしてしまう可能性があると、スヌープ・ドッグをフォローしている。 「彼はとてつもなく勝ちたかったんだと思う。だから、彼らしくない行動に走ったのかもしれないね。誰でも感情のままに行動を起こし、後悔することがあるものだ」

【無料】DAILY9Next 最新回を観る

ロケッツのオーナー、チームを解体せずに優勝を目指すことを宣言「今後数年はチャンスがある」

アンドレ・ドラモンド、キャブズとの契約延長が難航 来シーズン中のトレード放出が濃厚か

マルク・ガソル、米国残留ならウォリアーズ行きの可能性も 米記者は“自己犠牲”のメンタリティーに注目

ペイサーズ、新指揮官にラプターズACのネイト・ビョルクレン氏を招聘「NBA王者を目指すのを楽しみにしている」

バックス、ヤニス・アデトクンボとの契約延長が合意に至らなくてもトレードはしない意向

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Jared Dudley
  • Danny Green

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レイカーズのジャレッド・ダドリー、ファイナル中に同僚を罵倒した人気ラッパーに抗議