新指揮官探しが続くペイサーズ、最有力はペリカンズのアソシエイトHCと報道

インディアナ・ペイサーズは今季のプレイオフ1回戦で敗退後、契約延長に合意していたネイト・マクミランHC(ヘッドコーチ)を電撃解任した。その後、後任の指揮官は未だ発表されていないが、『The Ringer』のケビン・オコナー記者は、ニューオーリンズ・ペリカンズのクリス・フィンチAHC(アソシエイトヘッドコーチ)が現時点でその最右翼だと報じている。 フィンチAHCは、2011-12シーズンからヒューストン・ロケッツで5年、デンバー・ナゲッツで1年、AC(アシスタントコーチ)を務めた後、2017−18シーズンにペリカンズへ加入。当初はACだったが、在籍3年目となった今季はAHCに昇格していた。 フィンチAHC以外にも、マイク・ダントーニ(ヒューストン・ロケッツ前HC)、マイク・ブラウン(ゴールデンステイト・ウォリアーズAC)、デイビッド・イェーガー(サクラメント・キングス前HC)といったHC経験者に加え、2004年に司令塔としてデトロイト・ピストンズを優勝に導いたチャウンシー・ビラップスなどが候補としてこれまでに挙がっている。また、オコナー記者によれば、ペイサーズはマイアミ・ヒートのクリス・クイン、ダン・クレイグの両ACとも面談を行う予定だという。 ペイサーズは5シーズン連続でプレイオフに出場するも、いずれも1回戦で敗退している。

【無料】DAILY9 今季最終回スペシャルを観る

その他のニュース

就任1年目で優勝。ポジティブなエナジーでレイカーズをまとめたフランク・ボーゲルHC【宮地陽子コラム vol.7】

レイカーズ相手に善戦。雑草軍団を支えた“ヒート・カルチャー”とは【杉浦大介コラム vol.34】

ドラフト8位指名権を保有するニックスにトレードダウンの噂 狙うはケンタッキー大のタイリース・マキシーか

ウォリアーズ、『ESPN』発表の来シーズン・パワーランキングで6位「自分たちがまだ終わっていないと証明したい」

「NBA Rakuten」の3番組で2019-20シーズンの振り返り企画を実施!

関連タグ

チーム

  • ペイサーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • ヘッドコーチ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 新指揮官探しが続くペイサーズ、最有力はペリカンズのアソシエイトHCと報道