マイク・ブラウン、クリッパーズの次期HC最有力候補か 米記者が指摘「面談でかなりの好印象を得た」

ロサンゼルス・クリッパーズは、ドック・リバースHC(ヘッドコーチ)の退任によって指揮官の座が空位になっている。そのなかで、ゴールデンステイト・ウォリアーズのマイク・ブラウンAC(アシスタントコーチ)が後任の最有力候補に浮上しているようだ。 『New York Times』のマーク・スタイン記者は、「ブラウンがクリッパーズと面談を行なった際にかなりの好印象を得た」と言及。また、これまでリバースの後任としてHC昇格を有力視されていた現クリッパーズのティロン・ルーACが、同じくHCを探しているヒューストン・ロケッツと面談予定だと伝えている。 50歳のブラウンはワシントン・ウィザーズ、サンアントニオ・スパーズ、インディアナ・ペイサーズでACを務めた後、2005-06シーズンにクリーブランド・キャバリアーズのHCに就任。5シーズンにわたって指揮を執り、2007年にはNBAファイナルに進出した。その後、2011-12シーズンにはロサンゼルス・レイカーズのHCを務めるが、翌シーズンの序盤に途中解任の憂き目に遭った。2013-14シーズンにキャバリアーズのHC復帰を果たすも、わずか1シーズンの短期政権に終わっていた。 2016-17シーズンからは、ウォリアーズのACとしてスティーブ・カーHCを献身的にサポートしている。ここまでブラウンのHC通算成績は347勝216敗、プレイオフは47勝36敗。そしてキャバリアーズではレブロン・ジェームズ、レイカーズではコービー・ブライアント、ウォリアーズではステフィン・カリーとスーパースターを指導してきた経験を持つ。カワイ・レナード、ポール・ジョージの二枚看板を擁するクリッパーズにとって、ブラウンの豊富な経験は魅力的に映っているかもしれない。

【無料】NBA情報局 DAILY9を観る(10月11日配信)

その他のニュース

“神様”マイケル・ジョーダン、新設されたNBA基金の初代理事会メンバーに就任

ラプターズのニック・ナースHC、シーズン中断の影響とバブルの戦いを総括「本来のプレイができなかった」

ラッセル・ウェストブルック、サンダー時代の“2番手”脱却の背景にコービーの檄「お前は得点王を取るべきだ」

「自分が問題だったのか?」デマー・デローザンが2019年にラプターズが優勝した時の心境を告白

クリス・ポール、トレードの噂は静観の構え「将来のことは検討もつかない」「優勝のために戦ってきた」

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ
  • クリッパーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • ドック・リバースHC
  • タロン・ルーHC
  • ヘッドコーチ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マイク・ブラウン、クリッパーズの次期HC最有力候補か 米記者が指摘「面談でかなりの好印象を得た」