ジミー・バトラー、ファイナル史上初の快挙達成で逆転優勝に望み 同僚アデバヨも称賛「限りなく完璧に近い」

マイアミ・ヒートは、10月9日(日本時間10日)に行われたロサンゼルス・レイカーズとのNBAファイナル第5戦を111-108で制し、シリーズ2勝3敗と踏みとどまった。エースのジミー・バトラーは、逆転優勝に意欲を燃やしている。 リードの入れ替わりが15回、タイスコアが6回と一進一退の攻防が続いた一戦は、第4クォーター残り16.8秒にバトラーがフリースロー2本を決めてヒートが土壇場で逆転。新人タイラー・ヒーローのフリースローで2点を加え、王手をかけていたレイカーズを撃破した。 バトラーは35得点、12リバウンド、11アシスト、5スティール、1ブロックと攻守に奮闘。『NBA.com/Stats』によれば、35得点、10リバウンド、10アシスト、5スティール以上を記録したのはファイナル史上初。また、2015年のレブロン・ジェームズ(当時クリーブランド・キャバリアーズ)以来となる、ファイナルでシリーズ2度目となる30得点以上でのトリプルダブルを達成した。

■ファイナルをお得に観よう! キャンペーン実施中

『ESPN』のマリカ・アンドリュース記者によれば、47分12秒プレイしたバトラーは記者会見に出席した際、少し表情をゆがめ、ゆっくりと椅子に腰を下ろし、左大腿四頭筋をおさえて深く息をついたという。消耗度の大きさを感じさせるワンシーンとなったが、バトラー自身は「何でもない」と強気な姿勢を崩さない。 「俺は仲間たちとともに、コートにすべてを置いてきた。それが、俺たちがやらなければいけないこと。いつも『俺たちには勝利しかない』と言っている」 まさに、八面六臂の活躍を続けるエースを、同僚のバム・アデバヨは「彼は限りなく完璧に近い。僕もジミーのために、チームのために良いプレイをするんだという思いさ」と称賛。エリック・スポールストラHC(ヘッドコーチ)も「彼の勝利への執念は注目に値する。NBAに入ってくるすべての若い選手たちはジミー・バトラーを研究すべきだ。攻守万能プレイヤーの目指すべき姿だ」と最大限の賛辞を送った。 過去にファイナルで0勝2敗から優勝を果たしたのは、ボストン・セルティックス(1969年)、ポートランド・トレイルブレイザーズ(1977年)、ヒート(2006年)、キャバリアーズ(2016年)の4チームのみ。依然としてヒートが崖っぷちなのは変わらないが、それでもバトラーは「次の試合はさらにタフになるだろう。でも、まだ勝つチャンスは十分にある」と力強く語る。 ヒートは2006年の再現を果たせるか、注目の第6戦は10月11日(同12日)に開催される。

【無料】NBA情報局 DAILY9を観る(10月10日配信)

その他のニュース

「自分が問題だったのか?」デマー・デローザンが2019年にラプターズが優勝した時の心境を告白

“元”ロン・アーテストがペイサーズ時代の場外乱闘を悔恨「観客席に飛び込む5秒前に時間を戻せれば…」

ラッセル・ウェストブルック、サンダー時代の“2番手”脱却の背景にコービーの檄「お前は得点王を取るべきだ」

再建狙うニックス、番記者は期待の若手2人以外は全員がトレード候補と主張

来季のウォリアーズは優勝候補の最右翼!? 米記者が主張「ビッグ3はレイカーズのそれよりも優れている」

関連タグ

チーム

  • ヒート

選手

  • Bam Adebayo
  • Jimmy Butler

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAファイナル
  • エリック・スポールストラHC
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジミー・バトラー、ファイナル史上初の快挙達成で逆転優勝に望み 同僚アデバヨも称賛「限りなく完璧に近い」