怪我で欠場続くヒートのゴラン・ドラギッチ、第5戦の出場も「微妙」

10月8日(日本時間9日)、マイアミ・ヒートのエリック・スポールストラHC(ヘッドコーチ)は、負傷離脱中のゴラン・ドラギッチが10月9日(同10日)のNBAファイナル第5戦に出場する可能性は、第4戦に引き続き「doubtful(微妙)」と発表した。 ドラギッチは第4戦の試合前に「game-time decision(試合開始直前に出場の可否を判断すること)」と発表されたが、試合開始直前のウォームアップ中に状態を確認した結果、欠場という判断が下された。

■ファイナルをお得に観よう! キャンペーン実施中

ドラギッチはNBAファイナル第1戦の前半に負傷し、その試合の後半以降はずっと欠場している。『NBA.com』によると、ドラギッチは第4戦の試合前に「左足に体重をかけることはできるが、痛みに耐えられるかどうかが復帰の判断基準になる」と語っていた。 今季のドラギッチは主にシックスマンとして、レギュラーシーズンに平均16.2得点、3.2リバウンド、5.1アシストを記録。プレイオフに入って以降は先発に回り、ジミー・バトラーに次ぐチーム2位の平均19.9得点、4.0リバウンド、4.6アシスト、1.0スティールをマークしていた。 ドラギッチが20得点以上記録した試合では、プレイオフを含め19勝5敗と大きく勝ち越していたヒート。負ければ終わりの第5戦、ドラギッチが復帰できればチームに勢いをもたらすことは間違いないが、どのような決断を下すのだろうか。

【無料】NBA情報局 DAILY9を観る(10月8日配信)

その他のニュース

【〆切11/30(月)】コメントするだけ! 渡邊雄太サイン入りバスケットボールが5名様に当たる!

レイカーズ、ファイナル第5戦で“ブラックマンバ・ジャージー”着用へ コービーの妻バネッサさんも反応

ヒートのジミー・バトラー、1勝3敗と崖っぷちに追い込まれるも「自信は失っていない」

「3手先を行く能力は信じられない」マーク・キューバン・オーナーがレブロン・ジェームズを称賛

レブロン・ジェームズが第4戦前に同僚へメッセージを送った理由「キャリアで一番のビッグゲームだと感じた」

関連タグ

チーム

  • ヒート

選手

  • Goran Dragic

キーワード

  • 怪我
  • NBAファイナル
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 怪我で欠場続くヒートのゴラン・ドラギッチ、第5戦の出場も「微妙」