76ersのベン・シモンズは「レブロン・ジェームズの再来になれる」 名物コメンテーターが挙げた条件は?

フィラデルフィア・76ersのベン・シモンズは、身長208cmにして司令塔を務める現役選手トップクラスのオールラウンダーとして名を馳せる。課題のジャンパーを克服すれば、“キング”ことレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)の再来になれると米名物コメンテーターが持論を展開している。 2016年のドラフト全体1位指名でNBA入りしたシモンズは、トレーニングキャンプで右第5中足骨を骨折してルーキーイヤーを全休。実質1年目となった2017-18シーズン、81試合に出場して平均15.8得点、8.1リバウンド、8.2アシストを記録して新人王を獲得した。以降、センターのジョエル・エンビードと並ぶ大黒柱としてチームを牽引し、今季は自身初のスティール王(平均2.1本)に輝いている。

■ファイナルをお得に観よう! キャンペーン実施中

キャリア3年で平均16.4得点、8.3リバウンド、8.0アシストの成績を残す24歳について、かつて『The Philadelphia Inquirer』で76ersの番記者を務め、現在は『ESPN』の名物コメンテーターとして人気を博すスティーブン・A・スミス氏が、同局の番組『Sports Center』に出演した際、自身の見解を述べた。 「もしベン・シモンズが少しでもジャンプショットを改善すれば、彼はレブロン・ジェームズ2.0、あるいはパート2だ。それほどまでに彼は相手にとって脅威だよ。彼のオールラウンドなスキルセットを見ると、身長208cm、ボールハンドリング、パス能力、バスケットボールIQ、そしてディフェンス力と揃っている。もしベン・シモンズがジャンプショットを習得すれば、彼はレブロン・ジェームズの再来になるだろう。もしできなければ、彼はベン・シモンズのままだ」 シモンズの唯一の弱点とも言えるのがロングシュートで、キャリア通算3ポイント成功率はわずか8.3%(24本中2本成功)にとどまる。しかし、今季は4年目にして初の3ポイントシュートを成功させ、パーソナルトレーナーを雇ってシュートフォーム矯正に取り組んできた。やや故障がちな点も含めてもうひと皮むけた時、シモンズは“レブロン級”のオールラウンダーへの道を切り開けるかもしれない。

その他のニュース

【〆切11/30(月)】コメントするだけ! 渡邊雄太サイン入りバスケットボールが5名様に当たる!

NBAが2019-20シーズンのコミュニティアシスト賞を発表 ポール、ヒル、ブラウン、バーンズ、パウエルの5人が選出

「次の試合では0点でもいい」ヒートのジミー・バトラー、トリプルダブルを意に介さず勝利優先を宣言

ペリカンズのJJ・レディック、古巣76ersの課題を指摘「選手をコロコロ変えているだけ」

キングス、バディ・ヒールドの“お騒がせ行動”も静観 来季開幕前のキャンプに向けたコンディション調整を信頼

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • LeBron James
  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 76ersのベン・シモンズは「レブロン・ジェームズの再来になれる」 名物コメンテーターが挙げた条件は?