ドワイト・ハワードをマジック時代の指揮官が称賛「役割を受け入れた」

ロサンゼルス・レイカーズのドワイト・ハワードは、平均20得点超えを4度達成するなど全盛期を過ごしたオーランド・マジックでは攻守におけるチームの大黒柱だった。しかし34歳となった今シーズンは、2009年から3年連続で最終守備選手賞に輝いた実績を買われ、主にディフェンス面での活躍を期待されている。 今季は平均得点(7.5)と出場時間(18.9)で自己ワーストの数字を記録したハワードだが、その短い時間で7.3リバウンド、1.1ブロックと自身の任務を遂行し、10年ぶりのファイナル進出を果たしたレイカーズを支えた。かつてマジックでピーク時のハワードを指揮したスタン・バン・ガンディは、『NBA TV』に出演した際に、精神面で成熟し、自分の役割をこなすことで試合にインパクトを残すハワードに賛辞を送っている。

■ファイナルをお得に観よう! キャンペーン実施中

「彼はレイカーズで、守備、ブロックショット、リバウンド、コートを走るといった役割を受け入れた。彼は自分自身でオフェンシブリバウンドを取らない限り、オフェンスにおいてはボールに触れないということを理解し、それを受け入れたんだ。彼は今自分の強みを生かしてプレイしている。常に素晴らしいディフェンダーだったが、それをこのファイナルでも見せてくれているね」 チームの大黒柱として臨んだ2009年のファイナルでは敗れたハワード。当時の対戦相手だったレイカーズでロールプレイヤーへと変貌した“元No.1センター”は、自身初の栄冠を掴めるのか。

その他の最新ニュース

【〆切11/30(月)】コメントするだけ! 渡邊雄太サイン入りバスケットボールが5名様に当たる!

アダム・シルバーNBAコミッショナー、東京五輪への選手派遣に見解「NBAが中断することはないだろう」

ペイサーズ、次期HC最有力候補としてデイブ・イェーガーと面談へ 名手チャンシー・ビラップスとも会談予定

ドック・リバース、76ersの新HC就任に意気込み「世界的なフランチャイズに加われて心底興奮している」

カーメロ・アンソニーがロケッツ時代を回顧「彼らは自分にただのシューターになることを求めた」

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Dwight Howard

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAファイナル
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ドワイト・ハワードをマジック時代の指揮官が称賛「役割を受け入れた」