【10月1日(木)午前10時 NBAファイナル開幕】「下克上軍団」ヒート vs 最強デュオ擁するレイカーズ、王座を懸けた“最終決戦”

「NBA Rakuten」は日本時間10月1日(木)午前10時より、マイアミ・ヒートとロサンゼルス・レイカーズによるNBAファイナル第1戦を配信する。 レイカーズのレジェンドであるコービー・ブライアントの突然の訃報、新型コロナウイルスの感染拡大によるシーズン中断、人種差別問題と戦う選手たちによるボイコットなど、2019-20シーズンが過去に例のない1年だったことは間違いない。そんな激動のシーズンもついに、終幕を迎えようとしている。王座を懸けた最終決戦で戦うのは、今季開幕前から優勝候補に挙げられていたレイカーズと、イーストの大本命であったミルウォーキー・バックスを破るなど下馬評を覆してきたヒート。過酷な戦いを勝ち抜いてきた両チームによる、ファイナルの見どころを紹介する。

注目の“二枚看板“対決

レイカーズはレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビス、ヒートはジミー・バトラーにバム・アデバヨと、両軍に共通しているのは軸となる二枚看板の存在だ。ポジションとサイズが合致するだけに、ファイナルではそれぞれがマッチアップすることも多く見られるだろう。 特に同じケンタッキー大出身のアンソニー・デイビスとバム・アデバヨのビッグマン対決には注目だ。レギュラーシーズンでは2度の対戦で、アデバヨがデイビスを平均15.0得点、FG成功率42.9%(6/14)、3ポイント成功率33.3%(1/3)と抑えている。ただ、デイビスはプレイオフを通して平均28.8得点、9.3リバウンド、FG成功率57.1%と絶好調で、第1戦から激しい攻防戦が繰り広げられることが期待される。

攻守の要である両ビッグマンの対決は、今ファイナルにおける最大の見どころの一つ

もちろんレブロン・ジェームスとジミー・バトラーのエース対決も見逃せない。こちらはバトラーがマークについた際、約10分間で16得点を許すなど、レギュラーシーズンではジェームズを止めることができなかった。ただ、バトラーも“キング”を抑えないことには勝利がないことを認識しており、カンファレンス決勝勝利後のインタビューで「優勝のためにはレブロン・ジェームズのチームを超えなければいけない」と、最高の舞台でリベンジを果たすことを誓っている。

カギを握るベテラン司令塔と新人スコアラー

シリーズの行方を左右する“Xファクター”には、ヒートのタイラー・ヒーロー、そしてレイカーズのラジョン・ロンドを挙げたい。ヒーローはカンファレンス決勝で平均19.2点、6.2リバウンド、4.8アシスト、FG成功率52.3%を記録。第4戦では自己最多の37得点をマークするなど抜群の存在感を発揮した。プレイオフ新人記録となる、控え出場からの15試合連続2桁得点を記録するなど、ポストシーズンで赤丸急上昇中の20歳が、大舞台でもチームの「ヒーロー」となれるのか注目だ。

ヒートが下克上を完結させるにはベンチの起爆剤として真価を発揮するヒーローの活躍が必要不可欠

対するロンドも、「プレイオフ・ロンド」と呼ばれる所以を披露している。司令塔として試合をコントロールするのはもちろん、キャリア通算成功率32.8%と苦手の3ポイントも44.8%(13/29)という高確率で決めている。シリーズを通じて調子を維持し、着実にシュートを決めることができれば、レイカーズのオフェンスは相手にとってより脅威となるだろう。

試合の流れを決める2つの要素

ヒートはこのシリーズ、リバウンドを着実に奪って自らのオフェンスを展開していきたい。「リバウンドを制するものはゲームを制す」という名言どおり、プレイオフに入って以降、ヒートはリバウンド数で相手を上回った試合で7戦全勝。デイビスを筆頭に、ドワイト・ハワード、ジャベール・マギーらビッグマンを擁するレイカーズにはサイズで劣るため、ガード陣も含めチーム一丸となって積極的にリバウンドを拾っていきたい。 レイカーズは3ポイントを安定して沈められるかがポイントだ。プレイオフで喫した3敗は全て3ポイントの成功率が30%未満で、決めた本数も平均7.3本と低調な成績に終わっている。ケンテイビアス・コルドウェル・ポープとダニー・グリーンが高確率で決められればジェームズとデイビスへのマークを拡散でき、試合の流れを掴むことができるはずだ。 前年度プレイオフ不出場だった2チームが、ファイナルで対戦するのはNBA史上初。ヒートは4度目、レイカーズは歴代最多タイとなる17度目の優勝を目指した戦いの火蓋が開けられる。


その他の最新ニュース

レイカーズのアンソニー・デイビス、“コービーのためのファイナル”を宣言「あと4つ勝つだけ」「負けられない」

ヒートのジミー・バトラー、NBAファイナルでのレイカーズ撃破に意欲「俺らはアンダードッグじゃない」

レイカーズのレブロン・ジェームズ、バブルでの“頂上決戦”に覚悟「過去最大のチャレンジになる」

コーヒーショップ戦争が勃発中のヒート、顧客のバム・アデバヨ「ジミー・バトラーのコーヒーは高すぎる」

レブロン・ジェームズの支配力を同僚が称賛「試合終盤、彼がアウトサイドシュートを決めだしたら相手は終わり」

関連タグ

チーム

  • レイカーズ
  • ヒート

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAファイナル
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【10月1日(木)午前10時 NBAファイナル開幕】「下克上軍団」ヒート vs 最強デュオ擁するレイカーズ、王座を懸けた“最終決戦”