バックスがヤニス・アデトクンボと休暇後に再面談へ ラグジュアリータックス支払いも厭わない姿勢でアピール

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、その去就が大きな注目を集めている。オーナーグループとの面談が行われ、休暇後に再び話し合いの場が持たれるという。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じた。 ウォジナロウスキー記者によれば、アデトクンボは9月11日(日本時間12日)、バックスのオーナーであるマーク・ラスリー氏、代理人のアレックス・サラトシス氏を交えて3時間に及ぶランチ面談を実施。優勝を狙えるサポーティングキャストを揃えるべく、ラグジュアリータックス(贅沢税)の支払いも厭わない姿勢をラスリー氏から示されたという。 また、アデトクンボが2020-21シーズンに備えた休暇を終えた後、再び面談の場を設けることで両サイドが合意したとウォジナロウスキー記者は伝えている。

■プレイオフをお得に観よう! キャンペーン実施中

今季レギュラーシーズンで最高勝率(56勝17敗)を記録したバックスは、プレイオフ1回戦でオーランド・マジックを4勝1敗で破ったが、カンファレンス準決勝でマイアミ・ヒートに苦戦。右足首捻挫を押して強行出場するも怪我を悪化させてしまったアデトクンボは、第5戦のコートに立てず、チームの敗退をベンチから見届けるしかなかった。 2020-21シーズン終了後に完全FA(フリーエージェント)になるアデトクンボに関しては、プレイオフ突入前からトレードの噂も飛び交っていた。カンファレンス準決勝敗退で去就に関する議論はさらに過熱しているが、アデトクンボ本人は第5戦後の会見で「それ(移籍)はない。あり得ないよ」と語っていた。 バックスとしても、2018-19シーズンにMVPを受賞し、今季は最優秀守備選手にも輝いたエースを当然ながら慰留する構え。2020-21シーズンのサラリーキャップが1億1500万ドル(約122億円)のままだと仮定すると、5年間総額2億3000万ドル(約244億円)以上のスーパーマックス契約をオファーする見込みだ。 束の間のブレイクを経て、どのような決断を下すのか注目が集まる。

その他の最新ニュース

指揮官不在のペイサーズ、ロケッツ退任濃厚のマイク・ダントーニHC招聘の噂が浮上

パウ・ガソル、誕生した娘に盟友コービー・ブライアントの次女「ジアナ」の名前を命名

予想外の電撃就任。スティーブ・ナッシュ新HCはネッツを成功に導けるか【杉浦大介コラム vol.32】

関連タグ

チーム

  • バックス

選手

  • Giannis Antetokounmpo

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バックスがヤニス・アデトクンボと休暇後に再面談へ ラグジュアリータックス支払いも厭わない姿勢でアピール