クリス・ポールのトレード候補先は3つ 米記者が主張する「理にかなった」チームとは?

オクラホマシティ・サンダーのクリス・ポールは、シーズン中からトレードの可能性が指摘されてきたが、今オフに実際に起こるとすれば、その候補地は3つに絞られたようだ。 『ESPN』のブライアン・ウィンドホースト記者がホストを務めるポッドキャスト『Brian Windhorst & The Hoop Collective』で、同局のロイス・ヤング記者は「どこがポールをトレードで獲得できるか」との問いに「私は3チームだと見ている」と答えた。

■プレイオフをお得に観よう! キャンペーン実施中

「フィリー(フィラデルフィア・76ers)、ニューヨーク(ニックス)、ミルウォーキー(バックス)は理にかなった場所だと思う」 ポールは2020-21シーズンに推定4100万ドル(約43億円)の契約を残し、21-22シーズンにはオプションを行使すれば4400万ドル(約46億5000万円)で契約を継続できる。ポールの元代理人であるレオン・ローズが新社長に就任したニックスは、4500万ドル(約48億円)のキャップスペースがあり、大型トレードで総年俸額が膨れ上がっても問題ない数少ないチームの一つだ。この場合は、今季平均19.5得点を挙げた25歳のジュリアス・ランドルが放出候補筆頭となる。 サンダーの番記者である『The Oklahoman』のジョー・ムサット記者は、ポールのトレードについて「フィラデルフィアとニューヨークは有力候補。ほかは現れないだろう」と見立てている。 ジョエル・エンビードとベン・シモンズの二枚看板放出が噂される76ers、プレイオフのカンファレンス準決勝敗退でヤニス・アデトクンボの去就が注目されるバックスを含め、ポールは自身5チーム目へと移籍することになるのだろうか。

関連タグ

チーム

  • ニックス
  • サンダー
  • 76ers
  • バックス

選手

  • Chris Paul

キーワード

  • ニュース全般
  • トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリス・ポールのトレード候補先は3つ 米記者が主張する「理にかなった」チームとは?