【8月31日(月)午前4時30分 クリッパーズ vs マーベリックス】崖っぷちのドンチッチ、相棒不在も再び奇跡を起こせるか?

「NBA Rakuten」は日本時間8月31日(月)午前4時30分からロサンゼルス・クリッパーズとダラス・マーベリックス(以下、マブズ)のプレイオフ1回戦の第6戦を配信する。プレイオフ球団記録の154得点で第5戦に圧勝し、シリーズ突破に王手をかけたクリッパーズ対し、あとがないマブズはルカ・ドンチッチを中心に巻き返しを狙う。 第5戦で43点差の大敗を喫したマブズにとって、序盤で試合の流れを掴めるかが勝利のポイントとなる。前回対戦では第1Q(クォーター)に7つものターンオーバーを犯し、またそこから16失点と全くリズムに乗れず、クリッパーズに引き離された。今季は第1Qでリードを奪えば31勝11敗(レギュラーシーズン)と高い勝率を誇るだけに、ミスを最小限に抑え、出だしから優位に立ちたい。 右膝半月板断裂によりクリスタプス・ポルジンギスのシリーズ欠場が決まり、ドンチッチに対するディフェンスはより一層厳しいものになることが予想される。そのためエースを支えるサポーティングキャストの奮起も欠かせない。特に独力で攻撃をクリエイトできるティム・ハーダウェイJr.とトレイ・バークには期待したい。それぞれ直近2試合で平均20.0得点と好調だが、クリッパーズの執拗なマークを受けるドンチッチを支えるべく、オフェンス面で存在感を示すことが求められる。 一方のクリッパーズは、第5戦でポール・ジョージが35得点とスランプを脱し、エースのカワイ・レナードも4試合連続32得点以上と絶好調。19得点、11リバウンドを記録したモントレズ・ハレルを筆頭に、自慢のセカンドユニットも結果を残している。ディフェンスではドンチッチに対してフルコートでプレッシャーをかけ、ダブルチームを仕掛けるなど徹底マーク。次戦もしっかりエース対策を立ててくると予想される。 勝てば2014-15シーズン以来のカンファレンス準決勝進出となるクリッパーズ、勝利にはドンチッチの大活躍が必須なマブズ。その戦いの行方を見届けよう。

その他の試合

【午前2時 セルティックス vs ラプターズ 第1戦】 レギュラーシーズンの平均失点数でリーグトップ2に君臨するなど、守備が持ち味の両チーム。直接対決はセルティックスが3勝1敗と勝ち越すが、前年王者のラプターズはどんな対応策を見せるのか。 【午前9時30分 ナゲッツ vs ジャズ 第6戦】 ナゲッツは2試合連続で40得点以上と絶好調のジャマール・マレーとニコラ・ヨキッチの2大エースを軸に逆王手となるか。ジャズは勝って2シーズンぶりのカンファレンス準決勝進出を決めたい。

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ
  • マーベリックス

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAプレイオフ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 【8月31日(月)午前4時30分 クリッパーズ vs マーベリックス】崖っぷちのドンチッチ、相棒不在も再び奇跡を起こせるか?