NBAレジェンドのクリス・ウェバーがボイコットを起こした選手たちを支持「今でなければ、いつ?」

ミルウォーキー・バックスが試合をボイコットしたことを発端に、当初予定されていたプレイオフ3試合が延期となった8月26日(日本時間27日)、その日の試合で解説を務めることになっていたクリス・ウェバー氏が、選手たちの行動を称えた。 ワシントン・ウィザーズやサクラメント・キングスなどで活躍し、1994年には新人王を受賞しているNBAレジェンドのウェバー氏が、無人の試合会場を背景にして語った内容を、『NBC Sports Philadelphia』のノア・レビック記者が伝えている。 「今でなければ、いつやるんですか? (新型コロナウイルスの)パンデミックで多くの命が奪われている今でなければ、いつなのですか? 私たちは、これらの問題に終わりがないことを理解しています。ですが、若者は何かしらの行動を起こさないといけません。『すぐに状況が変わる訳ではないのだから、何もするな』という人々の言葉に耳を貸してはいけません。あなたたちは、次の世代、そしてまたその次の世代のために、何かを始めているんです」 「賢い判断が必要か? 必要です。しっかりと計画を立てて行動すべきか? そうすべきです。計画を明確にする必要があるか? はい、全てその通りです。ですが、彼らはプロフェッショナルです。彼らは、彼ら自身にとって最良の結果を生むにはどうすればいいかを知っています。ですから、私は彼らの行動を称賛します。若者が先頭に立って前に進んでいるのですから、私はその行動を称賛します」 26日から2日間にわたる長い話し合いの末、選手はプレイオフを続行することを決断。公式発表はまだないが、プレイオフは29日(同30日)からの再開が濃厚だと報道されている。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAレジェンドのクリス・ウェバーがボイコットを起こした選手たちを支持「今でなければ、いつ?」