ロケッツのラッセル・ウェストブルック、指揮官が復帰を示唆するも第5戦は欠場か

ヒューストン・ロケッツのラッセル・ウェストブルックが、オクラホマシティ・サンダーとのプレイオフ1回戦第5戦を欠場するようだ。『USAトゥデイ』のベン・デュボーズ記者が報じている。

■プレイオフをお得に観よう! キャンペーン実施中

同記者によれば、8月25日(日本時間26日)の会見でマイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)は、シーディングゲーム含め6戦連続欠場中のウェストブルックについて「出場は試合当日の判断となる」と発言。復帰時期は医療スタッフの判断次第とした上で、「彼(ウェストブルック)は今日も練習するし、コートでの感触を確かめる。(復帰は)もうすぐだよ」と語るなど復帰の可能性を示唆していたが、その後、ウェストブルックが第5戦の欠場リストに入ったことをデュボーズ記者がツイッターで伝えている。 ウェストブルックは今季57試合で、平均27.2得点、7.9リバウンド、7.0アシストを記録している。シーディングゲームでは4試合に出場したが、8月11日(日本時間12日)のサンアントニオ・スパーズ戦後は2試合を欠場。MRI検査の結果、負傷した右足が大腿四頭筋の肉離れと診断され、プレイオフに入って以降もコートに立てていない。 司令塔不在ながらシリーズ2連勝と順調なスタートを切ったロケッツだったが、その後2連敗を喫してシリーズはタイとなった。勝者が王手をかける第5戦は、8月26日(同27日)に行われる。

関連タグ

チーム

  • サンダー
  • ロケッツ

選手

  • Russell Westbrook

キーワード

  • 怪我
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ロケッツのラッセル・ウェストブルック、指揮官が復帰を示唆するも第5戦は欠場か