セルティックスのジェイソン・テイタムがコービーの誕生日に紫のアームバンド着用でプレイ「彼は常に僕の一部」

ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムは、8月23日(日本時間24日)に行われたフィラデルフィア・76ersとのプレイオフ1回戦第4戦で、今年1月に亡くなったコービー・ブライアントを偲んで紫色のアームバンドを着用してプレイした。 ミズーリ州セントルイス出身のテイタムは幼少期、ロサンゼルス・レイカーズのスーパースターだったコービーに憧れて育ち、母親に「コービーになりたい」と宣言して練習を重ねた。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

8月23日は、今年1月26日(同27日)に13歳の次女ジアナとともにヘリコプター墜落事故に遭って急逝したコービーの42歳の誕生日。ルーキーだった2017-18シーズン終了後に一緒にワークアウトを行い、葬儀にも出席したテイタムは、76ers戦でコービーが現役時代に愛用していた紫色のアームバンドを左腕に着けてプレイした。 『The Republican』のトム・ウェスターホルム記者は、テイタムがなぜ紫色のアームバンドを着けたのか語った理由を伝えている。 「誰もが(8月23日が)コービーの誕生日だと知っている。彼に感謝を示したかった。僕にとって、彼がどれだけ意味のある存在だったか分かるはずだ。コートに立ってプレイするモチベーションだった。彼は常に僕の一部で、彼を誇りに思っている」 テイタムはコービーが亡くなった直後、自身のインスタグラムに「僕がバスケットボールを始めた理由、僕がこのゲームの虜になった理由。あなたのようになりたいと育ち、あなたが僕のメンターでした。僕にインスピレーションを与えてくれたあなたに生涯感謝します」と投稿。葬儀参列後にも、「彼は誰よりも練習で汗を流し、自分がベストだと証明したかった。それがまさに彼がやっていたことで、僕が彼に魅了された理由だ」と語っていた。 テイタムにとっては、成長した姿を見せ続けることがコービーへの“恩返し”になるのかもしれない。

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Jayson Tatum

キーワード

  • ニュース全般
  • コービー・ブライアント
  • NBAプレイオフ
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックスのジェイソン・テイタムがコービーの誕生日に紫のアームバンド着用でプレイ「彼は常に僕の一部」