ナゲッツのウィル・バートンが膝のリハビリに専念するためバブルを離脱

膝に問題を抱えているデンバー・ナゲッツのウィル・バートンが、フロリダ州オーランドのバブル(隔離地域)を離脱するようだ。『The Denver Post』のマイク・シンガー記者が8月19日(日本時間20日)に報じた。 情報筋が同記者に伝えたところによると、バートンが抱える膝の問題は他の部位への痛みに繋がっているため、医師のセカンドオピニオンを求めているとのこと。バートンはシーズン再開後チームに帯同していたものの、スクリメージ(練習試合)1試合を除くすべての試合を欠場していた。 ナゲッツの主力として活躍していたベテランの29歳は、今季58試合に先発出場し、平均15.1得点、6.3リバウンド、3.7アシストをマーク。バートンが故障欠場となってからは、ルーキーのマイケル・ポーターJr.が主に得点とリバウンドでチームに貢献している。ポーターJr.が健闘しているとはいえ、ディフェンス力が高く、クラッチタイムでの勝負強さを持つベテランの不在はチームにとって大きな痛手だ。 現在、ユタ・ジャズとプレイオフ1回戦を戦っているナゲッツは、シリーズ2戦目を終えて1勝1敗のタイ。第3戦は8月21日(日本時間22日)に行われる。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

関連タグ

チーム

  • ナゲッツ

選手

  • Will Barton
  • Michael Porter Jr.

キーワード

  • 怪我
  • NBAプレイオフ2020
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ナゲッツのウィル・バートンが膝のリハビリに専念するためバブルを離脱